医師は増えても外科医だけは0・98倍と減少「余裕がない状態」 働き方改革への外科医たちの期待と不安

がん

2022/10/07 07:00

 高齢化による患者数の増加もあり各地で外科医不足が問題となる中、医師の働き方改革が進められている。今年、日本胸部外科学会が発表した内容によれば、外科手術の件数は増加傾向にある一方で、外科医の数は増えてない状況が示された。他の診療科の医師は増えているにもかかわらずだ。好評発売中の週刊朝日ムック『医学部に入る2023』では、医師の働き方改革への外科医の期待と不安を取材した。なぜ外科医は増えないのか。働き方改革は、外科医の労働環境改善につながるのだろうか。

あわせて読みたい

  • 医師の働き方改革で基礎研究の衰退を懸念 現役教授が考えるメリット・デメリット
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    医師の働き方改革で基礎研究の衰退を懸念 現役教授が考えるメリット・デメリット

    dot.

    10/14

    医師を目指す人の必読書、週刊朝日ムック『医者と医学部がわかる2022』が1月31日発売! これからの時代に求められる医師の姿をあらゆる角度から徹底取材

    医師を目指す人の必読書、週刊朝日ムック『医者と医学部がわかる2022』が1月31日発売! これからの時代に求められる医師の姿をあらゆる角度から徹底取材

    1/31

  • 医師の働き方は改革できる? 全職種トップ「超長時間労働」の深刻さ

    医師の働き方は改革できる? 全職種トップ「超長時間労働」の深刻さ

    週刊朝日

    3/7

    産科医32時間連続勤務からの「働き方改革」 子育て医師も夜勤可能な仕組みとは?

    産科医32時間連続勤務からの「働き方改革」 子育て医師も夜勤可能な仕組みとは?

    AERA

    8/25

  • 医学部不正入試、月300時間労働の医師の過酷さが背景 変えるべきは働き方

    医学部不正入試、月300時間労働の医師の過酷さが背景 変えるべきは働き方

    AERA

    12/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す