原因不明の不妊は「子宮内フローラ」を疑え! 先進医療になった検査で不妊治療に新たな手段

ヘルス

2022/10/09 09:00

「腸内フローラ」という言葉を耳にしたことがある人は多いだろうが、「子宮内フローラ」はどうだろうか。フローラとは「細菌叢(そう)」、つまり、さまざまな細菌の集まりのことをいう。近年、子宮内にもフローラが存在すること、そして、子宮内フローラが妊娠や流産などに関係する可能性があることがわかり、生殖医療の現場で注目されている。長年、不妊治療に携わるIVFなんばクリニック副院長、門上大祐医師に、子宮内フローラと妊娠の関係、子宮内フローラの検査や治療について取材した。

あわせて読みたい

  • 体外受精ダメでもその後自然妊娠 「腹腔鏡検査」はやるべき?

    体外受精ダメでもその後自然妊娠 「腹腔鏡検査」はやるべき?

    週刊朝日

    10/13

    いつ妊娠したいかで治療法が変わる「子宮内膜症」 若い時に手術しても結婚したら再発していたケースも

    いつ妊娠したいかで治療法が変わる「子宮内膜症」 若い時に手術しても結婚したら再発していたケースも

    dot.

    10/10

  • 「二人目不妊」は全不妊の3割 体外受精だけではない治療法とは

    「二人目不妊」は全不妊の3割 体外受精だけではない治療法とは

    週刊朝日

    7/17

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    dot.

    10/9

  • 子宮内膜症は30代前半がピーク 不妊の原因にも

    子宮内膜症は30代前半がピーク 不妊の原因にも

    週刊朝日

    10/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す