“殺人または強姦”凶悪犯罪でも米軍の「好意的考慮」なしには捜査もできない 沖縄が抱える「日米地位協定」という病

書籍

2022/09/16 07:00

 9月11日の沖縄県知事選で、自公推薦候補らを破り再選を果たした玉城デニー氏。米軍基地問題については、「沖縄の未来を描いていくため、基地問題の解決を図っていく。私はこれまでもこれからも1ミリもぶれない」と改めて主張した。

あわせて読みたい

  • 伊勢崎賢治が語る 地位協定交渉で疑問尽きぬ日本の対応

    伊勢崎賢治が語る 地位協定交渉で疑問尽きぬ日本の対応

    AERA

    4/11

    在日米軍に国内法は適用されない? 外務省が国会で炎上中

    在日米軍に国内法は適用されない? 外務省が国会で炎上中

    AERA

    7/3

  • 田原総一朗「米軍コロナ感染 改めて表面化した日米地位協定の歪さ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「米軍コロナ感染 改めて表面化した日米地位協定の歪さ」

    週刊朝日

    7/22

    地位協定は変えられる 米軍の世界戦略は柔軟交渉

    地位協定は変えられる 米軍の世界戦略は柔軟交渉

    AERA

    4/11

  • 日米地位協定の理不尽さを沖縄国際大学・前泊教授が指摘

    日米地位協定の理不尽さを沖縄国際大学・前泊教授が指摘

    週刊朝日

    5/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す