空腹時閲覧キケン! 米国出身フードイラストレーターが描く「日本のおいしいもの」が人々を魅了するわけ

目でも美味しいフードイラストはこうして生まれた《前編》

2022/07/21 16:00

 生クリームの上で今にもプルンと動きだしそうなプリンと、色とりどりのフルーツたち。今すぐ、絵のなかの四角いアイスクリームスプーンを手に取り、ごっそりすくって口のなかをバニラとカラメルの香りでいっぱいにしたい……。アメリカ・ミネソタ州出身のフードイラストレーター、ケイリーン・フォールズさんのイラスト×エッセイ×ガイド本『日本のいいもの おいしいもの』の表紙に描かれた「プリンアラモード」を眺めていると、そんな衝動に駆られる。

あわせて読みたい

  • 米国出身フードイラストレーターが一番リピした「ほかほかご飯と冷たい漬物」その理由とは

    米国出身フードイラストレーターが一番リピした「ほかほかご飯と冷たい漬物」その理由とは

    dot.

    7/21

    瀬戸内寂聴の体調、秘書が不安視「100歳の誕生日を迎えられますように」

    瀬戸内寂聴の体調、秘書が不安視「100歳の誕生日を迎えられますように」

    週刊朝日

    10/24

  • 植物学に栄養学、さらにはカタログ風のページまで!「食の解剖図鑑」日本版が登場

    植物学に栄養学、さらにはカタログ風のページまで!「食の解剖図鑑」日本版が登場

    AERA

    1/31

    GLAY・HISASH、春風亭昇太、東儀秀樹も プラモ好き芸能人の頂点はキャリア65年の石坂浩二

    GLAY・HISASH、春風亭昇太、東儀秀樹も プラモ好き芸能人の頂点はキャリア65年の石坂浩二

    週刊朝日

    6/4

  • 「この世界の片隅に」原作者に聞く“漫符4コマ”を新作にした理由

    「この世界の片隅に」原作者に聞く“漫符4コマ”を新作にした理由

    AERA

    2/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す