元関脇・豊ノ島が語る「てんかん」という病の難しさ 「偏見が怖いから隠すのではなく普通に話せる社会に」

てんかん

2022/06/29 11:30

大相撲の人気力士で、一昨年に引退した元豊ノ島の井筒親方(39)。断髪式が行われた今年5月、子どものころから「てんかん発作」の持病を抱えていたこと、引退後はてんかん患者のために活動をしていくことが報じられ注目を集めた。ところが当の井筒親方に話を聞くと「てんかんのことを良く知らずに生きてきた」そうで、活動をしていくにあたり病気のことを学んでいる最中だという。当事者なのに、なぜ病気のことを“知らない”のか。世の中にあまり知られていないてんかんという病気の特性と、親方の思いを取材した。

あわせて読みたい

  • シニアの「てんかん」に交通事故リスク 認知症との深い関係も

    シニアの「てんかん」に交通事故リスク 認知症との深い関係も

    週刊朝日

    1/28

    記憶障害から認知症と勘違いも 「高齢発症てんかん」とは?

    記憶障害から認知症と勘違いも 「高齢発症てんかん」とは?

    週刊朝日

    11/21

  • 高齢者の約1%、30万人が発症する「てんかん」 新薬登場で改善へ

    高齢者の約1%、30万人が発症する「てんかん」 新薬登場で改善へ

    週刊朝日

    7/25

    バレンタインデーの由来「聖ウァレンティヌス」 恋人だけじゃない医療でのあまりにも重要な役割
    筆者の顔写真

    早川智

    バレンタインデーの由来「聖ウァレンティヌス」 恋人だけじゃない医療でのあまりにも重要な役割

    AERA

    2/14

  • リル・ウェイン、またまた発作を起こし緊急着陸するも回復へ

    リル・ウェイン、またまた発作を起こし緊急着陸するも回復へ

    Billboard JAPAN

    6/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す