元内閣府の官僚が実践した「わからず屋」の上司を動かす方法 カタブツでも必ず動かせる“奥の手”とは

上司

2022/06/02 06:00

仕事にやりがいを感じていている人でも、労働環境がブラックな人でも、転職を考えている人の多くは「人間関係」に悩み、それを主な転職理由としています。気まぐれな上司、言うことをきかない部下、一方的に敵視してくる同期……組織とは人がつくり、人で成り立つものであるがゆえに、人間関係の悩みは尽きません。自分が所属する組織の中でどう振る舞い、どのように人間関係を築くかは、決してAIには代替できない「最強のスキル」なのです。特に規律を重んじる官僚組織では、それはより顕著になります。内閣府の元官僚・久保田崇さんはハードな現場で「処世術(スキル)」を武器に生き残ってきました。その一部を『官僚が学んだ究極の組織内サバイバル術』(朝日新書)より抜粋。今回は「組織における空中戦」というテーマで、上司や第三者を巻き込んで状況を好転させるスキルを紹介します。

あわせて読みたい

  • 内閣府の元官僚が明かす「クセのある政治家」への根回し術 優しそうに見える議員の“裏の顔”

    内閣府の元官僚が明かす「クセのある政治家」への根回し術 優しそうに見える議員の“裏の顔”

    dot.

    5/31

    内閣府の元官僚が指南する「最も注意を払うべき上司」との付き合い方で間違ってはいけないこと 

    内閣府の元官僚が指南する「最も注意を払うべき上司」との付き合い方で間違ってはいけないこと 

    dot.

    5/30

  • 東大出身で弁護士だった明石市長「火つけてこい」暴言30分【全文公開】

    東大出身で弁護士だった明石市長「火つけてこい」暴言30分【全文公開】

    dot.

    1/30

    デキる課長のコミュニケーション【上司編】 良くも悪くも不意打ちはNG

    デキる課長のコミュニケーション【上司編】 良くも悪くも不意打ちはNG

    AERA

    10/3

  • 竹増貞信「タフな相手との交渉の進め方」<コンビニ百里の道をゆく>
    筆者の顔写真

    竹増貞信

    竹増貞信「タフな相手との交渉の進め方」<コンビニ百里の道をゆく>

    AERA

    8/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す