【子宮・卵巣がん手術】薬物療法が大きく進歩 従来よりも生存期間の延長に期待が高まる

いい病院

2022/03/17 16:00

 週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、その患者がたどる治療選択について、専門の医師に取材してどのような基準で判断をしていくのか解説記事を掲載している。ここでは、「子宮・卵巣がん手術」の解説を紹介する。

あわせて読みたい

  • 【子宮・卵巣がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【子宮・卵巣がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/24

    「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

    「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

    dot.

    5/9

  • 【子宮・卵巣がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? ロボット手術も選択肢に 専門医が解説

    【子宮・卵巣がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? ロボット手術も選択肢に 専門医が解説

    dot.

    3/31

    子宮がんになっても妊娠できる機能を残す「子宮温存手術」とは?

    子宮がんになっても妊娠できる機能を残す「子宮温存手術」とは?

    週刊朝日

    3/19

  • 治療後に妊娠したい場合は? 若い女性に多い「子宮頸がん」という病

    治療後に妊娠したい場合は? 若い女性に多い「子宮頸がん」という病

    週刊朝日

    3/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す