アインシュタイン「人生最大の失敗」の驚くべき顛末

朝日新聞出版の本

2022/02/24 17:00

※写真はイメージです(i000pixels / iStock / Getty Images Plus)
※写真はイメージです(i000pixels / iStock / Getty Images Plus)

 誰もが知る天才・アインシュタインには「人生最大の失敗」があったという。彼を長年にわたって悩ませた「失敗」の驚くべき顛末とは――。その逸話を宇宙物理学者・須藤靖(東京大学教授)の著書『宇宙は数式でできている』(朝日新書)より抜粋して紹介する。

*  *  *
■アインシュタインの「人生最大の失敗」

 アインシュタインは、現在アインシュタイン方程式として知られている一般相対論の基礎方程式に基づいて宇宙がどのように振る舞うのかを計算した結果、無限の過去から無限の未来まで、ずっと同じ状態のままであり続ける静的な宇宙はあり得ず、宇宙は必然的に時間変化することを「発見」しました。

 今の我々であれば、「宇宙が時間変化しても別にいいじゃん」と簡単に納得することでしょう。しかし、その当時、特に西欧においては「神が創られた宇宙は完璧なものであり、それが時々刻々変化するなどもってのほかだ」と考える人々が大多数でした。このように時間変化する宇宙という結論は、アインシュタインにとっては悩みの種でした。

 そこで彼は、一般相対論が静的宇宙解を持つように、もともとのアインシュタイン方程式に新たな項を付け加えました。それはアインシュタインの宇宙項と呼ばれ、それに対応する定数Λ(ラムダ)は宇宙定数と呼ばれています。

 ダーウィンの進化論を学校で教えることを禁止した州があったり、今でも国民の4割が進化論を信じていないとされたりする米国の例を考えれば、このような宗教的な偏見が科学に影響を与えることは、決して過去の話ではありません。そのような偏見とはほぼ無縁な日本は世界的に珍しいというべきなのです。

 しかしながら、このΛ項を導入すべき積極的理由がない限り、勝手にそれを追加してしまうと一般相対論の美しさを減じてしまう、とアインシュタインは考えました。古くからの宇宙観と物理学理論の美しさの間で、アインシュタインはとても悩んだのです。

 こうして宇宙は時間変化してはならないと考えたアインシュタインは、1917年に渋々宇宙項を追加することに決めたのです。

宇宙は数式でできている (朝日新書)

須藤 靖

amazon
宇宙は数式でできている (朝日新書)

NEXT

ところが、1929年に米国の天文学者ハッブルが…

1 2 3

あわせて読みたい

  • 山も海も粉々… 暗黒エネルギーによる恐ろしい地球の行く末

    山も海も粉々… 暗黒エネルギーによる恐ろしい地球の行く末

    5/12

    世界の実在を賭けての不可知なるものとの戦い。6月30日「アインシュタイン記念日」

    世界の実在を賭けての不可知なるものとの戦い。6月30日「アインシュタイン記念日」

    tenki.jp

    6/30

  • 2月号東京大学大学院教授  須藤靖 Suto Yasushi宇宙はなぜ「驚異的な精度で」物理法則どおりなのか?

    2月号東京大学大学院教授  須藤靖 Suto Yasushi宇宙はなぜ「驚異的な精度で」物理法則どおりなのか?

    2/14

    今日は「アインシュタイン記念日」  宇宙探求は新段階へ!

    今日は「アインシュタイン記念日」 宇宙探求は新段階へ!

    tenki.jp

    6/30

  • 宇宙の「果て」になにがあるのか

    宇宙の「果て」になにがあるのか

    週刊朝日

    9/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す