精神疾患にかかった人や家族が“焦って”治療をやめてはいけない理由 精神科医が語る治療目標とは?

ヘルス

2022/02/11 09:00

 うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、適切な治療を受けていても、回復にある程度時間がかかります。再発するケースが多いため、「治癒」という表現をあまり使いません。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から一部を抜粋してお届けします。

あわせて読みたい

  • 日々の生活の乱れが「心の病気」発症の一因に 運動、食事、睡眠との関係を精神科医が解説

    日々の生活の乱れが「心の病気」発症の一因に 運動、食事、睡眠との関係を精神科医が解説

    dot.

    2/10

    「心の病気」はなぜ早期発見・早期治療が難しいのか? 精神科医が考える2つの理由

    「心の病気」はなぜ早期発見・早期治療が難しいのか? 精神科医が考える2つの理由

    dot.

    1/23

  • 2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは

    2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは

    dot.

    1/4

    うつ病はいつの間にか「以前と違う状態に」 2週間以上続く症状に注意【チェックシート】

    うつ病はいつの間にか「以前と違う状態に」 2週間以上続く症状に注意【チェックシート】

    dot.

    5/9

  • 中高生の自殺の約1割に「心の病気」が関係 10代、20代で発症しやすい病気とは?

    中高生の自殺の約1割に「心の病気」が関係 10代、20代で発症しやすい病気とは?

    dot.

    1/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す