下町の名脇役「キンミヤ焼酎」が右肩上がりの売れ行き 小瓶に変えたら人気上昇の意外な理由

2021/11/29 14:00

 首都圏で、特に赤ちょうちん系居酒屋に入るとよく見かけるのが、美しい青いラベルが印象的な「キンミヤ焼酎」だ。甲類焼酎でホッピーやサワーのベースとして好むファンが増え、売り上げは右肩上がりを続けている。派手な宣伝をした歴史もないのに、いつの間に、なぜ人気になったのか。背景には、社長が打って出た“奇策”があった。

あわせて読みたい

  • 【後編】「この見たことがない焼酎はなんだ」 無名だった「キンミヤ」人気に昔ながらの営業力

    【後編】「この見たことがない焼酎はなんだ」 無名だった「キンミヤ」人気に昔ながらの営業力

    dot.

    11/29

    「この見たことがない焼酎はなんだ」 無名だった「キンミヤ」人気の裏に昔ながらの営業力

    「この見たことがない焼酎はなんだ」 無名だった「キンミヤ」人気の裏に昔ながらの営業力

    dot.

    11/29

  • キンミヤ焼酎 東京下町で大人気 隠された感動秘話

    キンミヤ焼酎 東京下町で大人気 隠された感動秘話

    AERA

    9/28

    禁断の「駄菓子」サワーが“せんべろ”で大人気。創業者のマル秘レシピは…

    禁断の「駄菓子」サワーが“せんべろ”で大人気。創業者のマル秘レシピは…

    AERA

    9/20

  • 江戸っ子は「粋」を気取るが酒には弱い、東京居酒屋の魅力とは? 太田和彦が呑んだ

    江戸っ子は「粋」を気取るが酒には弱い、東京居酒屋の魅力とは? 太田和彦が呑んだ"東京" 

    dot.

    9/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す