「鬼滅」作者・吾峠呼世晴氏が天才たるゆえん 植朗子氏が分析

吾峠呼世晴

2021/11/21 23:40

 時代に名を残す大ヒット作品となった『鬼滅の刃』。この作品が名作であるゆえんは、作者・吾峠呼世晴氏が構築する「独特の世界観」にあることは言うまでもない。魅惑的なキャラクター造形、耽美的な悪、秀逸なセリフ回し、モノローグの使い方など、名篇といわれる文学作品に通じる技巧も駆使されている。AERA dot.で『鬼滅の刃』の連載を持つ神戸大学研究員の植朗子氏が、文学研究者の視点から吾峠氏の世界観を分析した。<本連載が一冊にまとめられた「鬼滅夜話」が発売中>

あわせて読みたい

  • 『鬼滅の刃』特別編集版「那田蜘蛛山編」で大活躍の冨岡義勇が「嫌われ役」として描かれる意味

    『鬼滅の刃』特別編集版「那田蜘蛛山編」で大活躍の冨岡義勇が「嫌われ役」として描かれる意味

    dot.

    9/19

    『鬼滅の刃』の人気キャラ・冨岡義勇が「嫌われ役」として描かれる意味

    『鬼滅の刃』の人気キャラ・冨岡義勇が「嫌われ役」として描かれる意味

    dot.

    1/23

  • 鬼滅の刃に銀魂も愛ある便乗で「清々しい」と話題に

    鬼滅の刃に銀魂も愛ある便乗で「清々しい」と話題に

    週刊朝日

    12/22

    『鬼滅の刃』の主人公はなぜ竈門炭治郎なのか?――典型的な「少年漫画のヒーロー」を“主役”にしなかったワケ 

    『鬼滅の刃』の主人公はなぜ竈門炭治郎なのか?――典型的な「少年漫画のヒーロー」を“主役”にしなかったワケ 

    dot.

    9/19

  • 「鬼滅の刃」が世代を超えてヒットした理由 鬼=コロナで共感?

    「鬼滅の刃」が世代を超えてヒットした理由 鬼=コロナで共感?

    週刊朝日

    11/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す