SNSに商品間違いをさらした「千原せいじ」が炎上 弁護士が語る店名をさらす「法的問題」と「リスク」

千原せいじ

2021/11/17 16:00

お笑い芸人の千原せいじ
お笑い芸人の千原せいじ

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじ(49)が、注文した商品と全く違うものが届いたと写真付きでSNSにアップし話題となったが、この行為について「店に連絡すればいいだけ」などと批判的な声が相次いでいる。そもそも、店側の単純ミスなどをいきなりSNSにさらすことに法的な問題はないのか。弁護士に見解を聞いた。

【写真】有名ラーメン店の対応をSNS上で批判して“炎上”した女性タレントはこちら

*  *  *
 せいじは自身のインスタグラムで、すしチェーン店の名前をハッシュタグに入れ、フードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で注文して届いたというマグロ丼の画像と、メニューに載っていたマグロ丼のスクリーンショットをアップした。メニューではマグロの刺し身に加えネギトロや卵焼きなどが盛られていたが、届いた商品は刺し身だけしかなかった。

 せいじは「全然ちゃう感じのやつきた」「Uberってこんなんなん?」とつづり、フォロワーからの質問に「捨てる」「何されてるかわからんし」「詐欺にしてはアホすぎるやろ」などと答えていた。

 2011年の正月には、共同購入型クーポンサイト「グルーポン」を通じて販売されていた豪華おせち料理について、購入者が全然違うものが届いたとネットにアップし、「スカスカおせち」として大きな騒動になったこともある。

 ただ今回は結果的に、店が間違って別の商品を作ってしまった単純ミスのようだ。せいじのインスタのアカウントは10万2000人以上のフォロワーがいる。批判をしたかったのか、面白がってアップしたのかは不明だが、店の名前を挙げたことの影響は決して小さくないだろう。「先に店に言うべき」「むやみにSNSで広げる話ではない」とネットでは批判的な意見も出ている。

 せいじに限らず、最近は店側の対応などへの不満をSNSに投稿するケースが目立つが、そもそもこうした行為に法的な問題はないのか。

 ネットの中傷問題に詳しい清水陽平弁護士によると、問題といえるかどうかはSNSにアップされた内容を見る必要があるという。

NEXT

投稿で思わぬバッシングにあう可能性も

1 2

あわせて読みたい

  • SNSで「さらされた」店側の本音 店員のミス・接客への不満の投稿はどこまで許されるのか

    SNSで「さらされた」店側の本音 店員のミス・接客への不満の投稿はどこまで許されるのか

    dot.

    4/29

    眞子さまへの止まぬ批判、「意見」と「中傷」の線引きは? ネット中傷に詳しい弁護士に聞く

    眞子さまへの止まぬ批判、「意見」と「中傷」の線引きは? ネット中傷に詳しい弁護士に聞く

    dot.

    10/6

  • 木村花さんや伊藤詩織さんらへの誹謗中傷問題、表現の自由との線引きはどこに

    木村花さんや伊藤詩織さんらへの誹謗中傷問題、表現の自由との線引きはどこに

    週刊朝日

    6/15

    今も続く万引犯の「顔写真公開」 当然の自衛かやり過ぎか…弁護士の見解は?  

    今も続く万引犯の「顔写真公開」 当然の自衛かやり過ぎか…弁護士の見解は?  

    dot.

    2/5

  • 綾瀬はるかさんに殺到する中傷 名誉毀損に当たる場合も 

    綾瀬はるかさんに殺到する中傷 名誉毀損に当たる場合も 

    dot.

    9/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す