「自宅で最期を迎えたい」をかなえるために家族ができることは? 在宅医療の始め方

ヘルス

2021/11/12 09:00

 国民の6割の人が「病院ではなく自宅で最期を迎えたい」と希望しているというデータがありますが、現状、7割の人は医療機関で亡くなっています。自宅で最期を迎えるためには、医師が訪問診療をしてくれる「在宅医療」が必要になります。しかし、いったい何から準備をすればいいかわからない人も多いでしょう。好評発売中の週刊朝日ムック『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん2022年版』では、日本在宅医療連合学会代表理事の石垣泰則医師に、「在宅医療を始めるには」と「家族がおこなうケア」を解説してもらいました。

あわせて読みたい

  • 自宅に医師が来てくれる「在宅医療」 病院での医療とは何が違う?

    自宅に医師が来てくれる「在宅医療」 病院での医療とは何が違う?

    dot.

    10/2

    いざ「在宅療養生活」何をどこに相談したら? 自治体が始めたサービスとは

    いざ「在宅療養生活」何をどこに相談したら? 自治体が始めたサービスとは

    dot.

    7/20

  • 医師が自宅に来て診療してくれる「在宅医療」はお金がかかる? 実際の費用を医師に聞く

    医師が自宅に来て診療してくれる「在宅医療」はお金がかかる? 実際の費用を医師に聞く

    dot.

    11/4

    「満足して旅立つ」在宅医療 病院と同レベルのケアは可能か?

    「満足して旅立つ」在宅医療 病院と同レベルのケアは可能か?

    週刊朝日

    2/5

  • 多発する高齢者の「入院で悪化」 病院は対策とれず…

    多発する高齢者の「入院で悪化」 病院は対策とれず…

    週刊朝日

    10/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す