「自宅で最期を迎えたい」をかなえるために家族ができることは? 在宅医療の始め方

ヘルス

2021/11/12 09:00

 国民の6割の人が「病院ではなく自宅で最期を迎えたい」と希望しているというデータがありますが、現状、7割の人は医療機関で亡くなっています。自宅で最期を迎えるためには、医師が訪問診療をしてくれる「在宅医療」が必要になります。しかし、いったい何から準備をすればいいかわからない人も多いでしょう。好評発売中の週刊朝日ムック『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん2022年版』では、日本在宅医療連合学会代表理事の石垣泰則医師に、「在宅医療を始めるには」と「家族がおこなうケア」を解説してもらいました。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す