立憲の枝野代表の後任は小川淳也氏が有力「野党共闘は正しかった」 ジャーナリスト青木理氏

2021/11/02 19:21

ジャーナリストの青木理さん(c)朝日新聞社
ジャーナリストの青木理さん(c)朝日新聞社

 立憲民主党の枝野幸男代表は11月2日、代表を辞任する意向を示した。衆院選で96議席と公示前を13議席も下回った結果に責任を取るかたち。立憲はなぜ敗北したのか。野党共闘は“失敗”だったのか。そして、次の代表は誰がなるべきなのか。ジャーナリストの青木理氏に聞いた。

【写真】立憲代表戦、有力候補者こちら

*  *  *

 早急に取り組むべき課題が山積し、敵失も多くあった中、野党にまったく風を吹かせられなかった枝野氏ら党執行部の責任が問われるのは当然です。

 今回、野党共闘によって小選挙区の多くで候補者を一本化したのは英断でした。自民党幹事長だった甘利明氏や石原伸晃氏らが落選に追い込まれたのはその成果でしょう。ただし、全体としては立憲も共産も議席減。特に野党第1党の立憲は比例での得票を伸ばせなかったのが致命傷でした。

 この間、政府の新型コロナ対応に多くの人びとは不満を募らせていました。また、甘利氏に代表される「政治とカネ」の醜聞も絶えず、傲慢で乱暴な「一強」政権への反発のマグマは相当に蓄積されています。だからこそ自民党は選挙直前に“表紙”を掛け替え、岸田文雄氏を新たな総裁に担ぎ、わずかでもご祝儀相場があるうちにと総選挙に突き進んだ。

 皮肉を込めていえば、そうした自民党のしたたかさにはある意味で感心しますが、決して磐石ではない与党を相手に議席減という敗北を喫した責任は重大です。政権交代どころか、政権への不満や不信の受け皿としても魅力がないという判断を突きつけられた。

 前回2017年の衆院選時に希望の党の小池百合子代表(当時)がリベラルを「排除する」と宣言し、そこから枝野氏がリベラル勢力を結集して立憲民主党を立ちあげた功績は、もちろん評価してしかるべきでしょう。ただ、それから4年が経過し、野党第1党として臨んだ大事な選挙でこうした結果に終わった。自民党に倣い、大胆に“表紙”を変える対応が求められていると思います。

NEXT

辻元氏の落選は痛恨事

1 2 3

あわせて読みたい

  • 伸び悩む自民党が共産党への“ネガキャン”を激化「野党共闘への脅威の裏返し」

    伸び悩む自民党が共産党への“ネガキャン”を激化「野党共闘への脅威の裏返し」

    dot.

    10/24

    立憲民主党の命運にぎる新しい“顔” 小川淳也、馬淵澄夫、泉健太…誰に?

    立憲民主党の命運にぎる新しい“顔” 小川淳也、馬淵澄夫、泉健太…誰に?

    週刊朝日

    11/11

  • 望月衣塑子記者「枝野氏の辞任は当然」とキッパリ 次は蓮舫氏に期待も「辻元清美氏の不在が痛い」

    望月衣塑子記者「枝野氏の辞任は当然」とキッパリ 次は蓮舫氏に期待も「辻元清美氏の不在が痛い」

    dot.

    11/3

    菅政権を倒すカギは「共産党」 “無敗の男”の仕掛けと赤旗砲

    菅政権を倒すカギは「共産党」 “無敗の男”の仕掛けと赤旗砲

    週刊朝日

    3/4

  • 与党圧勝再び3分の2の中、安倍一強にNOを突きつけた北海道で民主主義が機能した理由とは?

    与党圧勝再び3分の2の中、安倍一強にNOを突きつけた北海道で民主主義が機能した理由とは?

    dot.

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す