グリコ・森永事件の脅迫状はなぜ執拗に送られ続けたのか?日本中を恐怖に陥れた犯人像

朝日新聞出版の本

2021/11/01 17:00

 訴状、蹶起趣意書、宣言、遺書、碑文、天皇のおことば……。昭和・平成の時代には、命を賭けて、自らの主張を世の中へ問うた人々がいた。彼らの遺した言葉を「檄文」という。

あわせて読みたい

  • 日本犯罪史に残る企業脅迫事件! 関係者や被害者への緻密な取材から全貌を解き明かす

    日本犯罪史に残る企業脅迫事件! 関係者や被害者への緻密な取材から全貌を解き明かす

    BOOKSTAND

    5/10

    「キツネ目の男」宮崎学氏死去で思い出す 後輩記者の「やっぱりやったんですか?」に「アホいえ!」

    「キツネ目の男」宮崎学氏死去で思い出す 後輩記者の「やっぱりやったんですか?」に「アホいえ!」

    dot.

    4/6

  • 【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の"その後"を描いた力作

    BOOKSTAND

    3/13

    週刊現代×黒川氏「21面相」騒動は法廷闘争へ

    週刊現代×黒川氏「21面相」騒動は法廷闘争へ

    週刊朝日

    11/23

  • 「“黒子バスケ”犯は12月に動く」 的中した捜査1課の確信

    「“黒子バスケ”犯は12月に動く」 的中した捜査1課の確信

    週刊朝日

    12/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す