「おとなしい良い子」は不安を感じやすい? 学校現場に広がる「子どもの不安」軽減プログラム

ヘルス

2021/10/10 08:00

※写真はイメージです(写真/Getty Images)
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 日常生活で過剰なストレスを感じ、不安を抱える子どもが増えている。「勇者の旅」という不安軽減のための学校教育プログラムを考案した千葉大学子どものこころの発達教育研究センター特任講師の浦尾悠子さんに、子どもの不安と学校環境について聞いた。

【あなたは大丈夫? ゲーム依存度チェックシートはこちら】

*  *  *

 不安を感じやすい子は、生まれつき「不安になりやすい特性」を持っているケースがとても多いんですね。こうした特性に加え、「不安な子に対して優しくない学級環境」が、さらに不安を強める要因になっているように思います。不安をあまり感じない人は、不安が強い人の気持ちをなかなか想像することができませんから。

 私たちが考案した「勇者の旅」は、不安症やうつ病などの精神疾患の治療に使われる認知行動療法の考え方を用いて不安な気持ちとのつきあい方や感情をコントロールする方法を身につけるプログラムですが、自分の気持ちだけでなくほかの人の気持ちにも気づいたり、理解したりできるような内容も盛り込んでいます。たとえば「同じ出来事に対して自分はそんなに不安だと思わないけれど、不安が強い子はこういうふうに感じるんだな」と学習した子は、「もう少し話し方に気をつけよう」「不安が強いときはこういうふうに声掛けしよう」などと行動を変えていくことができます。不安が強い子もそうでない子も一緒にプログラムを経験することで、からかいやいじめなどが減り、不安が生じにくい学級環境づくりにつながっていくことを期待しています。

■「えっ、この子、不安が強かったの……」と気づくケースも

「勇者の旅」は、指導する先生にもさまざまな効果をもたらしています。プログラムの前後に、子どもたちに不安についてアンケートをしていますが、先生がその結果を見て初めて「えっ、この子、不安が強かったの……」と気づくケースが少なくありません。不安が強い子というと教室を歩き回っているとか暴れるとか情緒不安定なイメージがあるかもしれませんが、実はリスクを冒したくないので、目立たないように発言しなかったり、失敗しないように細心の注意を払ったりしながら学校生活を送っています。先生からすると「おとなしい良い子」で、不安が強いということがわかりにくいんですね。

NEXT

先生の「不安対処能力」も向上

1 2 3

あわせて読みたい

  • 教育プログラム「勇者の旅」で子どもが不安の対処法を学ぶ 100校以上の小中学校が導入

    教育プログラム「勇者の旅」で子どもが不安の対処法を学ぶ 100校以上の小中学校が導入

    dot.

    10/10

    先生を追い詰めないために親ができること 元校長が子どもの保護者にしてほしい「3つのお願い」

    先生を追い詰めないために親ができること 元校長が子どもの保護者にしてほしい「3つのお願い」

    AERA

    7/12

  • リスカにゲーム漬け、学級崩壊…コロナで止まぬ「教育格差」

    リスカにゲーム漬け、学級崩壊…コロナで止まぬ「教育格差」

    週刊朝日

    12/16

    子どもの精神的幸福度37位の日本 保護者・教師の「心の病気」の理解も必要

    子どもの精神的幸福度37位の日本 保護者・教師の「心の病気」の理解も必要

    dot.

    3/27

  • 小学校高学年で教科担任制導入の動き 教師や保護者が歓迎する理由は…

    小学校高学年で教科担任制導入の動き 教師や保護者が歓迎する理由は…

    AERA

    5/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す