眠っている間に呼吸が止まる! 肥満や生活習慣病を予防する以外の治療法を医師が解説

ヘルス

2021/10/04 07:00

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に呼吸が止まることをくり返す病気だ。潜在患者数は400万~500万人。この病気の怖さは眠気やいびきだけでなく、高血圧や心臓病など、さまざまな病気につながるリスクだ。治療法としては、「経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)」が主となる。食生活の見直しや体重管理など、肥満や生活習慣病を予防するための生活改善も大事な治療のひとつだ。

あわせて読みたい

  • 脳梗塞で緊急搬送の患者 原因の「いびき」を治療する理由とは?

    脳梗塞で緊急搬送の患者 原因の「いびき」を治療する理由とは?

    dot.

    8/13

    女性も要注意! 「いびき」は突然死のサインかも

    女性も要注意! 「いびき」は突然死のサインかも

    週刊朝日

    9/23

  • 10秒以上呼吸が止まる「無呼吸」が睡眠時に! あごが小さい人は気道が閉塞しやすい

    10秒以上呼吸が止まる「無呼吸」が睡眠時に! あごが小さい人は気道が閉塞しやすい

    dot.

    9/24

    交通事故を起こす確率が2~3倍に! 自分で気づけない睡眠時無呼吸症候群の恐怖

    交通事故を起こす確率が2~3倍に! 自分で気づけない睡眠時無呼吸症候群の恐怖

    dot.

    9/20

  • 「いびき」は家族の睡眠妨害だけではない! 本人の健康に悪影響

    「いびき」は家族の睡眠妨害だけではない! 本人の健康に悪影響

    dot.

    8/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す