息苦しさ感じない「ハッピー・ハイポキシア」の危険性 新型コロナ自宅療養者の急変のなぜ?

ハッピー・ハイポキシア

2021/09/04 10:00

 新型コロナウイルスの患者には、「ハッピー・ハイポキシア」(幸せな低酸素症)と呼ばれる症状が報告されている。本来、肺炎が悪化して血液中の酸素濃度が低下すると息苦しさを訴えるが、「ハッピー・ハイポキシア」の人は呼吸困難を感じにくい。自覚症状から軽症と判断されて自宅療養している人の中には、気づかぬうちに悪化し、助けを呼ぶのが遅れてしまう恐れがあるため、注意が必要だ。

あわせて読みたい

  • コロナ自宅療養10万人で登山用「酸素缶」が品薄状態 専門医は「効果は限定的」

    コロナ自宅療養10万人で登山用「酸素缶」が品薄状態 専門医は「効果は限定的」

    dot.

    8/27

    「重症化の兆候」は「体温」より「息苦しさ」 医師が教える自宅療養時の注意点

    「重症化の兆候」は「体温」より「息苦しさ」 医師が教える自宅療養時の注意点

    AERA

    8/12

  • 「正常値」に騙されるな! 健診、人間ドックは正常な人を患者にする「釣り堀」?

    「正常値」に騙されるな! 健診、人間ドックは正常な人を患者にする「釣り堀」?

    週刊朝日

    2/18

    同居する高齢親が感染「息苦しさ」に要注意 押さえておきたい「急変」サイン

    同居する高齢親が感染「息苦しさ」に要注意 押さえておきたい「急変」サイン

    AERA

    9/21

  • 自宅療養への備えはこれで万全! 岡田晴恵教授ら監修のチェックリスト付き「完全ガイド」

    自宅療養への備えはこれで万全! 岡田晴恵教授ら監修のチェックリスト付き「完全ガイド」

    AERA

    1/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す