ワクチン異物混入問題や「抗体量4分の1に減少」の研究結果で不安に…専門家の見解は?

ワクチン

2021/08/27 09:00

 モデルナ製ワクチンで異物混入があったことが8月26日、明らかになり、「ワクチンは大丈夫なのか」という声が上がっている。一方、ファイザー製ワクチンについては、接種3か月後に「抗体の量がピーク時の4分の1に減った」という研究結果が報じられ、ワクチンの効果について不安を抱いた人も多い。日常生活を取り戻すための最も有効な策として期待を集めるワクチン。こうした情報をどう評価すればいいのか、専門家に話を聞いた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す