#サウナ市長で"悪名"は今や全国区 池田市長がまさかの再出馬表明で地元は猛反発 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

#サウナ市長で"悪名"は今や全国区 池田市長がまさかの再出馬表明で地元は猛反発

dot.
池田市の冨田裕樹市長(C)朝日新聞社

池田市の冨田裕樹市長(C)朝日新聞社

  市役所に家庭用サウナを持ち込み、7月30日付で辞任に追い込まれた大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)。8月29日に投開票の池田市長選に出馬する意向を固め、近く記者会見を行うという。池田市議はこう怒る。

【画像】一時はトレンド入りした#サウナ市長のSNSはこちら

「冨田氏はサウナ市長とおちょくられ、全国に池田市の恥をばらまいた。今でも池田市と言えば、サウナ市長とあざ笑われている。そんな状況にもかかわらず、また市長選挙に出馬するなんて、あきれるばかりです」

 冨田氏のさまざまな問題、疑惑が発覚したのは、昨年10月のことだった。市役所の市長控室、女子トイレなどに家庭用サウナ、エアロバイク、冷蔵庫、ベッド、カセットコンロなどの私物を多数、持ち込んでいた動画が報じられた。

 その後、タクシー券の不適切な使用、市役所内でのパワハラなども発覚し、池田市議会では「冨田裕樹市長の不適切な庁舎使用等に関する調査特別委員会」(百条委員会)を設置。

 調査報告書では冨田氏のパワハラ行為、不適切な庁舎使用などが認められた。池田市議会は冨田氏の市議会での虚偽答弁について、地方自治法違反容疑で大阪地検特捜部に刑事告発している。

 また、冨田氏は公務のために市役所駐車場を無料で使用できる定期券を池田市民でもある後援会長に渡していたことも市議会で認めている。その恩恵で後援会長は7万円近くの駐車場料金の支払いを免れていたことも発覚した。一部の市議は7月、大阪地検特捜部に公職選挙法違反などの容疑で冨田氏を告発している。

 冨田氏は記者会見で「心よりお詫びし、反省している」と語っていたが、今も“炎上”が続いている。

 冨田氏は2年前の市長選挙では、大阪維新の会から出馬し当選した。
だが、一連の問題で大阪府の吉村洋文知事、大阪市の松井一郎市長も冨田氏を厳しく批判し、大阪維新の会から離党を余儀なくされた。

 池田市長選は8月に行われるが、誰一人、出馬表明していないタイミングでなぜ、冨田氏は自らの態度を鮮明にしたのか。大阪維新の会所属の地方議員は話す。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい