「増加するインフルエンサーたちのトラブルはなぜ起きる?」ママYouTuberのなーちゃん (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「増加するインフルエンサーたちのトラブルはなぜ起きる?」ママYouTuberのなーちゃん

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

dot.
なーちゃん/1989年生まれ。二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男のこうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。

なーちゃん/1989年生まれ。二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男のこうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。

 大手のYouTuber事務所UUUMが、実況配信者が多く所属する株式会社ライバーへ出資し、資本業務提携をすることを発表しました。

【写真】暗い表情で謝罪する騒動をおこした人気女性YouTuberはこちら

 単なる業務提携ではなく、資本業務提携という部分がポイントで、両社は非常に強いつながりを持つことになります。この意図について、様々な憶測があります。株式会社ライバーに所属する配信者に、コレコレ氏がいます。彼が運営する「コレコレチャンネル」の登録者は146万人で、リスナーの情報提供を元に、数々のYouTuberスキャンダルを暴露し、生配信することで話題になっています。非常に影響力が強く、コレコレ氏はYouTube界の文春やフライデーのような存在です。

 YouTubeでも、週刊誌でも、スクープの内容によっては、莫大な損害が発生します。コレコレ氏が告発したことで、炎上し、活動休止や謝罪をしたインフルエンサーも少なくありません。このような事態を予防するために、UUUMが株式会社ライバーと資本提携をし、コレコレ氏が扱うネタのコントロールをしようとしているのではないか、と推測するファンや関係者もいます。

 実際に、コレコレ氏を通して内部告発することで、いじめや不貞や犯罪行為などが明らかになるケースも多いため、彼が拠り所として頼られる部分は大いにあります。コレコレ氏のような存在が必要で、忖度せずに配信をしてほしいと願う人々も多いです。今後のコレコレ氏をはじめとする実況配信者の動向に注目が集まっています。そして、コレコレ氏と親交が深い人物が、株式会社ライバーの飯田会長です。飯田会長が、今最も話題になっている人物です。

 飯田氏は、最近「青汁王子」こと三崎優太氏から、アイドルグループのプロデュース業で架空請求があったと糾弾されました。コレコレ氏のチャンネルに両者が登場し、生配信で自分の見解を述べていました。事実は裁判で明らかにすればいいと思いますが、この両者のトラブルについて2ちゃんねる創始者のひろゆき氏も話題にしており、大きな反響を呼びました。

 このように、YouTuberやインフルエンサー同士のトラブルは、他のインフルエンサーが話題にすることで、より大きな話題となります。水面に石を投じて広がる波紋が、さらに大きな石を投じられてより大きく広がるように、伝播していきます。さらに登録者154万人の鈴木ゆゆうた氏が、株式会社ライバーに契約内容よりも多くの中間搾取をされており、それが原因でライバーに所属することを辞めたことを暴露し、波紋が広がりました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい