パパ活の腹いせで女性殴って逮捕された銀行員の男の素顔「成績優秀だった」と同級生 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

パパ活の腹いせで女性殴って逮捕された銀行員の男の素顔「成績優秀だった」と同級生

dot.
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

「覚えてるか?お前があの時2万円をぼったくっただろ!返せ!」

【写真】22歳と思えない妖艶な表情のグラドルはこちら 

 男は女性とホテルに入室するなり、いきなりベッドに押し倒して、こう喚きながら馬乗りになって顔や体を数十回殴ったという。

 警視庁新宿署は6月30日に新宿・歌舞伎町のホテルで27歳の女性の顔を数十回殴ったとして、東京都中央区の自称会社員、伊藤裕介容疑者(47)を傷害の疑いで逮捕した。殴られた女性は骨折など全治2週間の重傷だという。警視庁は行為が悪質だとして暴行致傷に切り替えて今月2日に送検した。

「伊藤容疑者はパパ活を熱心に利用していて今回は偶然、被害女性と再会したようだ。最初から腹いせで犯行に及んだ可能性が高い。髪の毛をハサミで切ると脅して女性から55万円を奪っている。単なる腹いせでは済まない凶悪な犯罪。厳しく追及している」(捜査関係者)

 伊藤容疑者は調べに対し「1年前にパパ活で会ったこの女性から2万円を取られた。腹いせでやった」と容疑を認めているという。

 男はどんな人物なのか?記者は伊藤容疑者の高校時代の同級生に話を聞くことができた。

「裕介(伊藤容疑者)とは同じクラスでした。当時も今と同じ黒縁の眼鏡をかけており、時折面白いことを言って皆を笑わせるユニークなやつでした。大物お笑いタレントに似ている裕介と演歌歌手に似ているクラスメートで仲良く茶化し合っていて、本当にクラスの人気者だった裕介がこんなことをして信じられません」

 高校の同級生によれば、伊藤容疑者は頭の回転も速く、成績優秀で推薦ですんなりと大学に進学したという。

「大学を卒業してからは関東某県庁所在地に本店を置く地方銀行に就職していました。勉強ができた裕介だけにすごいなと皆で話していたんです。確か大学時代に付き合っていた女性と結婚すると話していました」

 銀行マンとしての明るい未来が拡がっていたはずの伊藤容疑者を破滅の道に陥れたパパ活。警察関係者によると、パパ活はテレビドラマの題材として取り上げられた2017年ごろから顕在化。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい