投資で資産1億円を築いた元グラドル・杉原杏璃に直撃! スピード離婚後に投資系YouTuberになった理由 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

投資で資産1億円を築いた元グラドル・杉原杏璃に直撃! スピード離婚後に投資系YouTuberになった理由

飯塚大和dot.#グラドル#投資#杉原杏璃
杉原杏璃(写真=事務所提供)

杉原杏璃(写真=事務所提供)

元グラビアアイドルでタレントの杉原杏璃(39)は、昨年9月に投資系YouTuberとしてデビューした。23歳から始めたという杉原の投資術は以前から話題になっており、すでに「株式投資」と「不動産投資」の2冊の本を出版。過去のインタビューでは資産は1億円を超えたことを明かしている。私生活では昨年4月に40代の音楽出版社代表の男性と離婚。結婚生活はわずか1年半でピリオドを打った。公私ともにめまぐるしいスピードで前に進んでいく杉原は、どこに向かっているのか。本人を直撃した。

【写真】コスプレイヤーとしても活躍する「東大卒」グラドルはこちら

*  *  *
――まず、投資に目覚めたきっかけを教えてください。

 始めたのは、23歳の時です。実は、投資はやりたくて始めたわけではなくて、お金が必要だったから始めたんです。田舎から上京したけれど、芸能界の仕事だけでは食べていけなくて、生活に苦労していました。仕事で花が咲くまでは時間がかかると思っていたので、仕事とは別に揺るがない収益の基盤を持ちたかったんです。どうにかしてお金を生み出さなければ! と考えていた時に、株に出会いました。

 当時はモデルのオーディションで忙しかったので、夢を優先しながら稼ぐには、パソコンひとつでできて、少ない時間でリターンが期待できる株しかないって思ったんです。すぐにハウツー本を1冊買って、始めてみました。

――初めて買った銘柄は何だったのでしょうか。

 東京ドームの株でした。野球が好きなので、「(株の配当で)タダで野球を見に行けるのでは」という単純な発想からです。次に買ったのは、建設業界の株。父が建設業を営んでいたので、身近だったんです。最初の資金は30万ちょっとでした。

 何もわからないまま買ったのに、1~2カ月たったら、ちょっとだけ上がっていました。時代が良かったのかな。でもこの時は遊びたい時期だったので、あまり株の勉強はしていませんでした。パソコンを開いて、上がっていれば売る、下がっていれば待つというシンプルなやり方でした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい