小室さんとメーガン妃は「同類」 皇室と宮内庁が怯える“告白の日” (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小室さんとメーガン妃は「同類」 皇室と宮内庁が怯える“告白の日”

眞子さまの婚約内定者の小室圭さん(c)朝日新聞社

眞子さまの婚約内定者の小室圭さん(c)朝日新聞社

 ロイヤルファミリーをパートナーに選ぶ一方で、国民とメディアからの猛烈な批判をうける身の上。英国のヘンリー王子の妻のメーガン妃(39)と、秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者小室圭(29)さんは、共通項が多く、何かと引き合いに出されがちだ。「先輩」のメーガン妃は、王室生活で味わった受難を告白し、「勇気ある告白者」として米国で成功した。小室さんも「成功者」となるのか。

【写真】よく似てる?メ―ガン妃の自信満々のこの表情
*     *  *
「日本のプリンセス・マコの恋人は、メーガンとよく似ている」

 英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんは、現地の友人らから、こんな言葉を耳にする機会が増えた。秋篠宮家の長女、眞子さま(29)の婚約内定者、小室圭さん(29)のことだ。

 海外王室と違い、皇室は情報が外に漏れない。

「菊のカーテンに包まれてミステリアス(神秘的)だ、と関心は高い」(多賀さん)

 英国に留学していた秋篠宮家の二人の内親王は、現地で親近感を持たれている。現地のタブロイド紙が「プリンセス・マコと恋人のケイ・コムロ」の話題を取り上げることもある。

「ただ、王室好きの英国人の間で、小室さんの評判はよくない」(多賀さん) 

 米国のドラマ女優のメーガン妃は、もちろん貴族出身ではない。厳しい芸能界でキャリアを積み、離婚経験を持つメーガン妃。人生経験の豊富な年上女房が、「世間知らずのヘンリー王子(36)をいいように操ってお金稼ぎをしている」。それが、英国におけるメーガン妃像だ。

 小室さんも、「プリンセスを利用する野心家だ」といった風に、見られてしまうのだという。

 ロイヤルブランドをビジネスに露骨に利用するヘンリー王子とメーガン妃の姿は、王室メンバーとしては、異色だった。王室を離脱する際に、ふたりは、王室の一員であることを表す「SUSSEX ROYAL」などの商標登録でビジネスを計画していた。これらを、英国とEUや米国、豪州やカナダの知的財産庁に出願。範囲は文房具などにも及んだことから批判を浴びた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい