東京五輪野球 台湾、中国に続き豪州も…辞退相次ぎ「五輪とは呼べない」と嘆きの声 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京五輪野球 台湾、中国に続き豪州も…辞退相次ぎ「五輪とは呼べない」と嘆きの声

梅宮昌宗dot.
国立競技場の前にある五輪マークのモニュメント(c)朝日新聞社

国立競技場の前にある五輪マークのモニュメント(c)朝日新聞社

 メキシコで開催される野球の東京五輪世界最終予選に出場予定だったオーストラリア代表が予選出場を辞退することを発表した。

【写真特集】ファンが選んだ!「平成で最もカッコいいバッティングフォームは?」

 オーストラリア代表でチーフエグセグティブを務めるグレン・ウイリアムズ氏が「新型コロナウイルスが蔓延する世界で、最終予選に出場すると考えた時に常に大きな困難がついてまわる」と出場辞退の理由をオーストラリア野球連盟の公式ホームページでコメント。すでに台湾、中国が辞退を決めており、世界最終予選はオランダ、ドミニカ、ベネズエラの3カ国で出場権を争うことになる。

 東京五輪で野球担当のスポーツ紙記者は渋い表情を浮かべる。

「東京五輪の本大会に出場できる国は6つだけ。野球は世界ではマイナースポーツで、競技に力を入れている国が少ない。しかもコロナの影響でオーストラリア、台湾、中国が参加していない。予選を含めてこれ程の小規模な大会だったら五輪とは呼べないですよね…」

 野球とソフトボールは08年北京大会を最後に実施競技から除外されたが、ソフトボールと国際統括団体を統合するなど「1競技2種目」としてアピール。東京大会で「野球・ソフトボール」として3大会ぶりに復活した。ただ、「盛り上がっているのは開催国の日本だけ」と冷ややかな声も聞かれる。

 米国のロサンゼルスに駐在する通信員は東京五輪で野球に対する現地の関心が薄いことを指摘する。

「日本では侍ジャパンが金メダル獲得できるかで話題になっていますが、米国はトップのメジャーリーガーたちが出場しないので野球ファンの間で話題になることが少ない。エンゼルスを戦力外になり、ドジャースに入団したプポルスがドミニカ代表で出場するかどうかで盛り上がったぐらいです。そもそも五輪で真剣に金メダルを目指しているのはアジアの国ぐらいです。米国や中南米の国はメジャーリーグのシーズンの方を大事にしているのでそこまでの熱はない。野球の国際大会はWBCがあるし、五輪は以前のようにアマチュアの選手だけが参加する祭典にした方が、熱を帯びるのではないでしょうか」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい