中学生で統合失調症を発症「計算ができない」「暴言を吐く」「死にたい」今振り返る当時の僕

うつ

2021/04/18 10:00

 統合失調症は脳の機能がうまく働かなくなり、考えや感情がまとまりにくくなる病気です。およそ100人に1人がかかり、10代後半から30代前半の若い世代に発症しやすいという特徴があります。

あわせて読みたい

  • 中学で統合失調症 実名告白「自分なりに病気と闘っている葛藤をわかって」

    中学で統合失調症 実名告白「自分なりに病気と闘っている葛藤をわかって」

    dot.

    4/18

    不登校・自殺の原因にもなる精神疾患の予防と回復について専門医がわかりやすく解説する『心の病気にかかる子どもたち』が1月20日発売

    不登校・自殺の原因にもなる精神疾患の予防と回復について専門医がわかりやすく解説する『心の病気にかかる子どもたち』が1月20日発売

    1/20

  • 思春期の「心の病気」を減らせるか? 保健体育の教育の変革とは?

    思春期の「心の病気」を減らせるか? 保健体育の教育の変革とは?

    dot.

    3/26

    うちの子が「心の病気」になるなんて… 精神科医が指摘する、早期受診を妨げている「偏見」とは?

    うちの子が「心の病気」になるなんて… 精神科医が指摘する、早期受診を妨げている「偏見」とは?

    dot.

    3/29

  • 2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは

    2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは

    dot.

    1/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す