東日本大震災で亡くした息子、妹が夢に…「亡き人との夢」の意味について

朝日新聞出版の本

2021/03/26 20:00

 朝日新聞「GLOBE+」で報じられた震災後にタクシー運転手が出会った幽霊の話や、NHKの「天国DJ」などで注目された東日本大震災遺族たちが見る「夢」の記録をはじめ、被災地でフィールドワークを続ける研究者がいる。社会学者で、現在は関西学院大学教授の金菱清さんだ。2020年3月まで東北学院大学で教授を務め、その際に立ち上げた「震災の記録プロジェクト」を現在も主宰する。東日本大震災が発生したすぐあとから、被災者の心の機微について考えるフィールドワークを続けてきた。

あわせて読みたい

  • 東日本大震災被災者たちが「亡き人の夢」を生きる力に…学生たちと掘り出した27の物語

    東日本大震災被災者たちが「亡き人の夢」を生きる力に…学生たちと掘り出した27の物語

    dot.

    3/6

    私の夢まで、会いに来てくれた

    私の夢まで、会いに来てくれた

    週刊朝日

    5/9

  • 被災地の霊は「今」に存在する 社会学者×英ジャーナリスト対談

    被災地の霊は「今」に存在する 社会学者×英ジャーナリスト対談

    AERA

    3/11

    なぜ東日本大震災の遺族は故人の夢を見るのか? 突然の別れと向き合う人々の再生の物語

    なぜ東日本大震災の遺族は故人の夢を見るのか? 突然の別れと向き合う人々の再生の物語

    dot.

    3/11

  • かわいいが一番大切 秀和レジデンスがSNSで注目のワケ

    かわいいが一番大切 秀和レジデンスがSNSで注目のワケ

    週刊朝日

    4/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す