小倉智昭、阿川佐和子、森本毅郎…年配タレントがここまで大リストラされる理由  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉智昭、阿川佐和子、森本毅郎…年配タレントがここまで大リストラされる理由 

連載「道理で笑える ラリー遠田」

ラリー遠田dot.#ラリー遠田
「とくダネ!」の小倉智昭(左)と「サワコの朝」の阿川佐和子(C)朝日新聞社

「とくダネ!」の小倉智昭(左)と「サワコの朝」の阿川佐和子(C)朝日新聞社

 春の訪れとともに、テレビ業界は改編期を迎える。今回の改編では、コロナ禍という事情もあって、各局で大変革が行われている。中でも特筆すべきは、テレビ局を代表するような有名な番組が続々と打ち切られていることだ。

【写真】フジテレビ最終面接落ちも、今最も勢いのあるフリーアナウンサーはこの人

 特に『とくダネ!』『噂の!東京マガジン』、『サワコの朝』など、年配のタレントが出演する番組が終了するケースが相次いでいる。

 22年続くフジテレビの朝の看板番組である『とくダネ!』の打ち切りは大きな話題になった。番組内で終了を発表したときの司会の小倉智昭は、まだまだ番組への意欲を見せており、潔い言葉とは裏腹に悔しさがにじみ出ていた。

 また、日曜の昼に放送されている『噂の!東京マガジン』(TBS)は、視聴率も高い人気番組だったが、この春に地上波での放送を終了し、今後はBS-TBSで放送されることになった。この番組のレギュラー陣の大半は、森本毅郎(81)、井崎脩五郎(73)、清水国明(70)、山口良一(65)、笑福亭笑瓶(64)などの年配タレントだった。

 年配タレントが出演する番組が続々と打ち切られている背景にあるのは、テレビ局の苦しい懐事情である。

 テレビの広告費は年々減少の一途をたどっており、2019年にはインターネットの広告費にも追い抜かれた。その影響で番組制作費は減らされる一方だったのだが、昨今のコロナ禍がそこに追い打ちをかけた。コロナ不況のせいでスポンサーを降りる企業も増えており、制作費削減にさらに拍車がかかった。

 そのしわ寄せをもろに受けたのが、ギャラの高い年配タレントというわけだ。「ギャラが高いなら下げればいいじゃないか」と思う人もいるかもしれないが、それは簡単なことではない。業界ではタレントごとにギャラの相場は決まっていて、上がることはあっても、下がることはほとんどない。

 だから、長年にわたり活躍していてギャラ水準が上がっている年配タレントは、局にとって大きな負担となってしまう。「その人が出るだけで数字が上がる」などのどうしても起用すべき理由がない限り、切り捨てるしかないのだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい