炎柱・煉獄杏寿郎が親から受け継いだ生き様――「ダメな父」と「聡明な母」だけでは割り切れない家族のカタチ

2021/03/06 11:32

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、3月1日までに興行収入381億円を突破した。この映画では、炎柱・煉獄杏寿郎の「家族」にまつわるエピソードが紹介されている。杏寿郎の母は聡明で映画でも重要な役回りだった一方、元炎柱の父については酒浸りのダメ親のように描かれている。だが、物語を丹念に追うと、煉獄家のストーリーはそう単純ではない。ここでは、父・母との関係性が、煉獄杏寿郎の「生き方」にどのような影響を与えたのか改めて考える。【※ネタバレ注意※】 以下の内容には、映画の内容および既刊のコミックスのネタバレが含まれます。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す