山田真貴子内閣広報官の「飲みっぷり」を後輩女性官僚が証言 「民間企業の男性とのポッキーゲームは語り草です」

2021/02/26 18:28

「真貴子さんは毎回3次会まで残っていましたね。お酒の飲みっぷりもいいですし、当時から飲み会を断らないタイプでした。年次が上の女性官僚同士は非常に仲が良く、会以外でも個人的によく飲んでいたようです」

 毎年、総務省に入省するキャリア官僚のうち、女性の割合は1割程度。課や部に配属されれば、たいていは紅一点の存在になる。

「男性が多い職場でおじさんの相手もしなければならず、当時はセクハラのような発言も日常茶飯事でした。それに耐える者同士、分かり合える部分もありました」

 水野さんも入省1年目から、セクハラに悩まされた。

「夏に半袖ブラウスを着ていたら、50歳くらいのおじさん職員に『やっぱり若い子は肌のハリが違うねえ。ツヤツヤしてるよね』と言われて、これがここのスタンダードなんだと思ってがくぜんとしました。そんなおじさんたちにも愛想を良くしないといけない雰囲気があって、それが本当に嫌でした」

 だが、水野さんは「真貴子さんはそれを当たり前として受け入れてきた部分もあると思う」と振り返る。

 というのも、女性官僚の間では山田氏の若かりし頃の“逸話”が広まっていたからだ。

 ある時の女子会で、水野さんは先輩の女性官僚に「真貴子さんは何であんなにすごいんですかね」と尋ねた。するとその先輩は冗談交じりにこう答えたという。

「真貴子さんはね、若い時に民間事業者の中年男性とポッキーゲーム(ポッキーを両側から食べていく飲み会の余興)とかをちゃんとやっていたからだよ」

 これは有名な逸話だったため、その後も省内で何度か耳にしたという。だが、それを聞いた水野さんは「気持ち悪い」と嫌悪感を感じたと語る。

「そうまでして、おじさんと飲み会をやる価値はあるのだろうかと疑問でした。彼女は飲み会が好きだと思うし、半分は楽しんでいたのかもしれませんが、それを当然のこととして、キャリアを登らないでほしい。そういうことを受け入れてしまう官僚がいる限り、おじさまの接待文化はなくならないと思う」

NEXT

大臣へのアテンドでは異常な細かさ

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 菅首相の長男が接待した山田内閣広報官の裏の顔 更迭された総務省幹部の後任は夫

    菅首相の長男が接待した山田内閣広報官の裏の顔 更迭された総務省幹部の後任は夫

    週刊朝日

    2/23

    テレビを見ていて信用できないと思う人1位は?

    テレビを見ていて信用できないと思う人1位は?

    週刊朝日

    6/12

  • 23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?

    23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?

    週刊朝日

    3/7

    「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言

    「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言

    AERA

    5/15

  • 菅氏がやり続けた東京新聞・望月衣塑子記者への露骨な嫌がらせは総理会見でも続くのか?

    菅氏がやり続けた東京新聞・望月衣塑子記者への露骨な嫌がらせは総理会見でも続くのか?

    dot.

    9/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す