「お前なんて森喜朗と一緒だよ―――!」 妻の怒りの言葉のパンチに鈴木おさむは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「お前なんて森喜朗と一緒だよ―――!」 妻の怒りの言葉のパンチに鈴木おさむは?

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

鈴木おさむdot.
放送作家の鈴木おさむさん

放送作家の鈴木おさむさん

この人と同じ?!(c)朝日新聞社

この人と同じ?!(c)朝日新聞社

 放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、森喜朗氏の失言問題について。

【写真】「夫を辞任しません」大島美幸さんと鈴木おさむさん夫婦
*  *  *
 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の「失言」が日々、話題になっている。あれを見て「なんで、あんなこと言っちゃうんだろうな」とか「そりゃ、怒るわ」と思っている人多いだろう。僕だってそうだ。だけど、まさか、自分が「そっち側」だと思っている人なんかいないだろう。

 数年に一度、僕は妻にめちゃくちゃ怒られる。怒られる理由はコミュニケーションの取り方についてだ。以前、怒られた時には、僕の妻への言い方が高圧的であることを怒られた。そこから、反省し、自分なりに改善をしていたつもりだ。

 だが、人間の根本は治らない。再びの緊急事態宣言になり、ほぼ家での仕事になった。僕の仕事は「会議」と「執筆」である。「会議」はテレビ局などでやることが多かったのだが、リモートになり、「会議」も「執筆」も家でやることが多い。そして息子、笑福は保育園に通っているのだが、うちの保育園では緊急事態宣言中は自粛の要請がでている。妻はなんだかんだで日々外に仕事に出かけていくが、僕は家での作業が多いので、息子が家にいることが多い。息子とコミュニケーションが増えているのはすてきなことなのだが、家でのリモート会議中に、ゲームやYouTubeの音が大きかったりすると注意したり、会議と会議の合間も一人で休んだりが出来ず、日がたつごとに、少しイライラしている自分がいた。イライラしているのも分かっていたし、妻との会話の中でも、つい、そんな自分が出ているのが分かった。数年前に怒られて反省したにも関わらず、妻との会話でつい、嫌な自分が出てしまう。

 人間って不思議なもので、「今、自分、嫌な言い方したよな」ってわかっているのに、言っちゃうんですよね。そして気づいているのに、すぐには謝れない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい