女性初の首相を目指す稲田朋美は本当に「保守」なのか 飲みに誘って“本音”を聞いてみた

2021/01/04 08:02

 自民党の稲田朋美衆議院議員といえば、安倍晋三元首相に重用され、2016年には防衛相に就任した「保守政治家のホープ」だった。だが、17年に南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報問題をめぐり、陸上自衛隊が「廃棄した」と説明しながら保管していたことが発覚し、防衛相を辞任。自民党で女性初の首相を目指していた稲田氏にとって、政治家人生における大きな挫折となった。

あわせて読みたい

  • 稲田朋美政調会長「首相を目指しています」

    稲田朋美政調会長「首相を目指しています」

    週刊朝日

    12/16

    裏切り者、うそつき…細野豪志がそれでも政党を渡り歩くワケ

    裏切り者、うそつき…細野豪志がそれでも政党を渡り歩くワケ

    dot.

    12/19

  • 「出産適齢期を知らないから失敗」野田聖子・自民総務会長が考える少子化対策

    「出産適齢期を知らないから失敗」野田聖子・自民総務会長が考える少子化対策

    週刊朝日

    5/23

    小沢一郎氏「憲法改正は、いかさまみたいな話になる」

    小沢一郎氏「憲法改正は、いかさまみたいな話になる」

    週刊朝日

    6/1

  • 稲盛和夫流「お酒とのつきあい方」

    稲盛和夫流「お酒とのつきあい方」

    週刊朝日

    11/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す