なかにし礼さん死去 石原裕次郎からの運命を変えた「ひと言」とは? 

がん

2020/12/25 16:06

「恋のフーガ」「北酒場」「石狩挽歌」「まつり」……日本の歌謡史に輝く数多くの名曲を生み出し、さらに小説『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞と昭和・平成を通して大活躍の作家・作詩家、なかにし礼さんが、23日、心筋梗塞のため都内の病院で亡くなりました。82歳でした。

あわせて読みたい

  • 安倍政権・成長戦略の目玉 学会報告で「がん粒子線治療」の有効性に疑問符

    安倍政権・成長戦略の目玉 学会報告で「がん粒子線治療」の有効性に疑問符

    週刊朝日

    9/21

    肺がん治療で今注目は「陽子線治療」

    肺がん治療で今注目は「陽子線治療」

    週刊朝日

    12/17

  • 肝臓がんにも「放射線治療」 局所制御率9割以上

    肝臓がんにも「放射線治療」 局所制御率9割以上

    週刊朝日

    11/21

    「300万円がタダになるかと…」先進医療めぐる患者の「誤解」

    「300万円がタダになるかと…」先進医療めぐる患者の「誤解」

    AERA

    9/2

  • いま注目のがんをくり抜く放射線 破壊力は強大

    いま注目のがんをくり抜く放射線 破壊力は強大

    AERA

    11/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す