「こんなことあるんやね」。島田洋七の心を震わせた「M-1グランプリ2020」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「こんなことあるんやね」。島田洋七の心を震わせた「M-1グランプリ2020」

連載「上方芸能ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中西正男dot.#中西正男
島田洋七さん (撮影:中西正男)

島田洋七さん (撮影:中西正男)

「マヂカルラブリー」の優勝で幕を閉じた「M-1グランプリ2020」。2002年から5年にわたり「M-1」決勝の審査員を務めた島田洋七さん(70)が注目したのは「マヂカルラブリー」のツッコミ・村上さん。「完全に出来上がってる」と絶賛しました。これまで約30年で重ねてきた講演会は4800回以上にも及ぶ洋七さんですが、今年3月からは新型コロナの影響で全て中止に。そんな中での「M-1」に特別な思いが込み上げてきたと言います。(取材・文:中西正男)

【写真】M-1の審査員の依頼がきても断ると言い切った芸人はこちら

 やっぱりコンテストやからね。その日に笑いを取ったもんが優勝せんかったらおかしいもんね。笑いの数が多いコンビが勝つ。それが大原則やと思う。

 それでいうと「マヂカルラブリー」はしっかり笑いをとってた。しかも、ボケの方があれだけしゃべらずに、あれだけ笑かしてるわけやから。大したもんやと思います。

 ほんでね、すごいのはツッコミ。完全に出来上がってる。めちゃくちゃうまかった。相方があれだけしゃべらず、ほぼジェスチャーみたいになってて、それに対してあれだけボンボンつっこんで。あれは、ホンマにすごいわ。

 あと、しゃべくりやったら「ニューヨーク」がうまい。「マヂカルラブリー」のツッコミみたいに「ニューヨーク」のしゃべくりもできあがってる。ただ、オレの個人的な見立てかもしれんけど、ちょっと緊張してたかな。

 そら、あがるわな。生放送で、あの環境で。緊張して当然です。ほんで、すごくざっくり言うと、動きの方が緊張せぇへんもんな。もちろん、あの場に出るから緊張感はあるやろうけど「マヂカルラブリー」のボケの“動き”には、緊張が反映されにくいというか。

 かたや、しゃべくりで進めていく方は噛んだらアカンし、間をズラしてもアカンし、声のトーンを間違えてもアカンし、それを考え出したら、そら、もっと緊張してくるよ。

 オレが審査をしてた時で言うたら「ブラックマヨネーズ」はものすごく面白かったけど、あいつらもものすごく緊張してたんよ。完全なしゃべくりやし。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい