75歳・落合恵子の“覚悟” 若い頃にはわからなかった「自分と人生との付き合い方」

朝日新聞出版の本

2020/12/26 17:00

 2020年に75歳を迎えた落合恵子さん。作家であり、子どもの本の専門店「クレヨンハウス」の主宰者でもある彼女の日常は、本を愛し、植物を愛し、時々デモに足を運ぶ。コロナで世界が一変し、当たり前だと思っていた日々が、実はとんでもなくありがたいことだったのだと気づいたとき、「この先の人生、いかに生きるか」? 新著『明るい覚悟 こんな時代に』で、落合さんが自分自身と私たちに投げかけた大きな問いだ。タイトルに込められた深い思い、そして落合さんなりの覚悟とは。お話をうかがった。

あわせて読みたい

  • 10月号フォトジャーナリスト 安田菜津紀 Yasuda Natsuki絵本と「動詞」の生き方

    10月号フォトジャーナリスト 安田菜津紀 Yasuda Natsuki絵本と「動詞」の生き方

    10/1

    「介護をもう一度やらせてもらえる?」作家・落合恵子の“母との別れ”

    「介護をもう一度やらせてもらえる?」作家・落合恵子の“母との別れ”

    週刊朝日

    2/27

  • 「原発ではなく憲法9条を輸出したい」その真意とは?

    「原発ではなく憲法9条を輸出したい」その真意とは?

    週刊朝日

    1/18

    夏休み、憲法について考えてみよう 落合恵子、片岡義男が選ぶおすすめの3冊

    夏休み、憲法について考えてみよう 落合恵子、片岡義男が選ぶおすすめの3冊

    週刊朝日

    8/16

  • 追悼“知の巨人”鶴見俊輔さん 殺人犯も恐れぬ意外な理由

    追悼“知の巨人”鶴見俊輔さん 殺人犯も恐れぬ意外な理由

    週刊朝日

    7/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す