有馬記念を「連覇」した馬はこれまで何頭? 最も記憶に残るレースは…

2020/12/15 17:00

 間もなく激動の2020年も大晦日。新型コロナウイルスの影響でさまざまなことが例年どおりにはいかなかった今年だが、日本の競馬界に限って言えば牡馬のコントレイル、牝馬のデアリングタクトと無敗の三冠馬が同時に誕生し、しかも秋のジャパンカップでは先輩三冠馬のアーモンドアイと三つ巴のレースが実現するという歴史的な年でもあった。

あわせて読みたい

  • ディープインパクト、サイレンススズカ…「平成の最強馬」はどの馬だ?<牡馬編>

    ディープインパクト、サイレンススズカ…「平成の最強馬」はどの馬だ?<牡馬編>

    dot.

    1/20

    有馬記念の歴史に残る「圧勝劇」 5馬身以上の勝利はわずか5頭だった!

    有馬記念の歴史に残る「圧勝劇」 5馬身以上の勝利はわずか5頭だった!

    dot.

    12/20

  • 強いけど勝ちきれない…日本競馬史を彩った愛すべき「善戦マン」といえば?

    強いけど勝ちきれない…日本競馬史を彩った愛すべき「善戦マン」といえば?

    dot.

    5/14

    歴史的名牝も誕生…「平成の最強馬」はどれだ?<牝馬編>

    歴史的名牝も誕生…「平成の最強馬」はどれだ?<牝馬編>

    dot.

    2/23

  • 武豊のトホホ 無敗3冠馬誕生レースで騎乗せず、不運続き

    武豊のトホホ 無敗3冠馬誕生レースで騎乗せず、不運続き

    週刊朝日

    10/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す