歯科医も高齢化で1割が70歳以上に! きちんと治療を続けるのに妨げになることとは?

歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン”

ヘルス

2020/12/21 07:00

 多くの業種で高齢化が進む中、歯科医師の平均年齢も高くなっているように思われます。歯科医師には定年がありませんが、視力や手先の器用さ、体力などが必要とされます。この点、年をとっても問題はないのでしょうか? さらに、歯科医師の高齢化は「歯科医師過剰問題」の要因の一つといわれていますが、この点を現場の歯科医師はどう考えているのでしょうか? 『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか? 聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好評発売中の歯周病専門医、若林健史歯科医師にうかがいました。

あわせて読みたい

  • 歯科医院の看板で見かける「一般歯科」の“一般”って何の意味があるの? 現役歯科医が回答
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯科医院の看板で見かける「一般歯科」の“一般”って何の意味があるの? 現役歯科医が回答

    週刊朝日

    1/21

    歯科医院の数がコンビニより多いのは悪いこと? 低年収で歯科医の悩みも深刻…
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯科医院の数がコンビニより多いのは悪いこと? 低年収で歯科医の悩みも深刻…

    週刊朝日

    9/3

  • 歯科で新たに始まった「歯周病重症化予防」とは? 専門医に聞いてみた
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯科で新たに始まった「歯周病重症化予防」とは? 専門医に聞いてみた

    dot.

    5/18

    歯科医が歯周病治療を間違えて抜歯に… 失敗しない歯科選びのポイントとは

    歯科医が歯周病治療を間違えて抜歯に… 失敗しない歯科選びのポイントとは

    dot.

    1/9

  • 歯科医は、腕がよくなければ患者に友人の歯科医を紹介しない 歯科医選びのポイント14
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯科医は、腕がよくなければ患者に友人の歯科医を紹介しない 歯科医選びのポイント14

    dot.

    6/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す