アトピー性皮膚炎と乾癬の関係は、B’zの関係に似ている? 皮膚科医が解説 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アトピー性皮膚炎と乾癬の関係は、B’zの関係に似ている? 皮膚科医が解説

連載「現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”」

大塚篤司dot.#ヘルス
大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 治療で一歩先に行くのが尋常性乾癬です。尋常性乾癬もアトピーと同じく皮膚のアレルギー疾患で、欧米では人口の2~3%が罹患していると言われています。治療はステロイド外用剤に加えてビタミンD3製剤の塗り薬や紫外線治療があります。こちらはアトピーよりだいぶ早くに重症患者さんに使用可能な注射薬が登場しました。生物学的製剤と呼ばれる特定の標的分子を狙った薬剤です。現在10剤の生物学的製剤が治療に使えます。2~3カ月に一度の注射で、塗り薬は一切使わないできれいな皮膚を保てる患者さんも多くいます。

 さて、アトピーと乾癬、ともに皮膚のアレルギーの病気で免疫が関与していますが、それぞれ異なる免疫の異常として知られています。少し難しい話となりますが、免疫応答の中にはTh1タイプ、Th2タイプ、Th17タイプという分類があります。腸疾患などにも関係してくる免疫機構なのですが、アトピーの場合Th2タイプの異常と言われており、乾癬の場合はTh17タイプがメインであるとわかっています。

 一人の患者さんにアトピーと乾癬の両方が皮膚に出ることはほとんどないのですが、この理由はアトピーの原因であるTh2と乾癬の原因であるTh17が抑えあっているためです。Th2が皮膚で前面にでるときはTh17は後ろに下がるのです。

 片方が前に出るともう片方が後ろに下がる。強引すぎるのを承知で言いますが、これぞまさしくB’zの松本さんと稲葉さんの関係ではないでしょうか。誰がなんと言おうと、私には同じにしか見えません。

 アトピーと乾癬は一緒に出ることはないと書きましたが、実はすごく珍しいケースでは併発します。なぜかアトピーの患者さんに乾癬が出てしまうこともあります。さらに、アジア人のアトピーは欧米人のアトピーと違って乾癬に近いTh17タイプであるという報告もあります。

 こういうレアなパターン、B’zでもあります。

 普段歌わない松本さんが、1フレーズだけ稲葉さんの合間に歌うときがあります。こうなるとファンの間では「まっちゃんが歌った!!」とSNSで盛りあがるわけです。

 同じようなことは皮膚科医の中でも起こります。アトピーと乾癬が併発すると皮膚科医の中でも話題に上がります。学会発表や論文などで「乾癬を併発したアトピーの一例」なんて演題が出るわけです。この心境はB’zのときと似ていますね。私は皮膚科医でありB’zファンなのでわかります。間違いありません。

 以上、今回はB’zに関連してアトピーと乾癬について無理のないように解説してみました。ここまでお付き合いいただいたみなさま、本当にすみませんでした。最後に、B’zのイントネーションは食べ物のチーズと同じであると強調して終わりにしたいと思います。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員、2017年京都大学医学部特定准教授を経て2021年より近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授。皮膚科専門医。アレルギー専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい