「足がつる」のはなぜ? 医師に聞いた正しい予防法・対処法とは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「足がつる」のはなぜ? 医師に聞いた正しい予防法・対処法とは?

連載「スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本秀男dot.#ヘルス#病気#病院
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長

 スポーツで足を酷使した後、あるいは寝ているときなどに、突然「足がつる」という経験をしたことがある人は多いはずです。なかには、普段から足がつりやすくて悩んでいる人もいるかもしれません。自分の意識と無関係に起こる筋肉のけいれんは、いったいどのような原因で起こるのでしょうか? 日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に、その医学的な原因や予防法などを聞きました。

【イラストで見る】首・肩・背中のコリがみるみるほぐれる「神動画」のヨガをご紹介!

*  *  *
「足がつる」という事態は、けっして珍しいことではなく、ほとんどの人に起こりうることです。たとえばサッカーやテニスなどの選手が、試合の終盤になって足がつっている姿を、目にしたことがある人もいることでしょう。普段からトレーニングを重ね、コンディションを整えているはずのプロの選手でさえも、足がつることはあります。

 足がつることが最も多く起こる部位は、ふくらはぎにある「腓腹筋(ひふくきん)」です。ふくらはぎは「こむら(腓)」ともいうため、俗称「こむら返り」とも呼ばれます。正式な医学用語では、「腓腹筋けいれん」といいます。この自分の意識とは無関係に起こる一時的な筋肉のけいれんは、ふくらはぎのほか、太ももや足指、全身でも起こることがあります。太ももの大腿四頭筋(だいたいしとうきん)のような大きな筋肉で起こるほど、痛みは強くなるといわれます。

 ではなぜ突然、無意識に筋肉のけいれんが一定時間起こるのでしょうか? その原因ははっきりと特定されていませんが、とくに持久系のスポーツの運動中や運動後に生じることが多いことから、筋肉の使い過ぎと大きな関係があるといわれています。

 長時間の激しい運動で局所の筋肉を酷使すると、筋肉への栄養の供給が需要に追いつかなくなり、けいれんが生じると考えられます。一般の健康な人でも、一日じゅう立ち仕事をして足が疲労したり、血行が悪くなったりしたときに同様の状態にいたり、起こることがあります。

 また、電解質の異常も一つの原因と考えられています。運動中は、発汗にともなって水分や電解質が失われます。電解質とは、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど血液中にあるミネラルイオンのことで、これらが筋肉や神経の動きを調整しています。その電解質のバランスが乱れると、筋肉のけいれんが起こるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい