500gで生まれた息子は「生きよう」と、もがいた……256日間の記録

ヘルス

2020/10/18 08:00

 雑誌や広告で活躍し、旅をテーマにした作品でも知られる写真家の田尾沙織さんは2015年秋、息子の“奏ちゃん”を500gで出産した。予定日まで3カ月半、妊娠25週4日のことだった。

あわせて読みたい

  • 気づいたら臨月…小学生の妊娠・出産の現実

    気づいたら臨月…小学生の妊娠・出産の現実

    AERA

    11/13

    「たとえ長く生きられなくても…」NICUで闘う赤ちゃんたち

    「たとえ長く生きられなくても…」NICUで闘う赤ちゃんたち

    AERA

    3/31

  • 泣かない息子を産んだ妻…風見しんごが明かす亡き2人の子への思い

    泣かない息子を産んだ妻…風見しんごが明かす亡き2人の子への思い

    AERA

    4/7

    NICUの赤ちゃん「こんなに小さくて育つだろうか…」と責める母親への言葉がけ

    NICUの赤ちゃん「こんなに小さくて育つだろうか…」と責める母親への言葉がけ

    dot.

    7/5

  • 我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    AERA

    4/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す