菊池寛が中央公論社に殴り込み…文壇の大御所を激怒させたのは「作品」か「出版社」か

朝日新聞出版の本

2020/10/14 11:30

 夏目漱石、森鴎外、太宰治など、明治・大正・昭和に活躍した文豪たちの悪口や皮肉を集めた『文豪の悪態――皮肉・怒り・嘆きのスゴイ語彙力』(朝日新聞出版)。本能むき出しに怒りをあらわにする作家たちの言葉には、圧倒的な「個性」があふれている。本書の著者で大東文化大学教授の山口謠司氏が、「文藝春秋」創業者の菊池寛が憤激して起こした暴行事件を紹介する。

あわせて読みたい

  • 川端康成、三島由紀夫もメッタ切り!止まらない文豪の“毒舌”が素晴らしい

    川端康成、三島由紀夫もメッタ切り!止まらない文豪の“毒舌”が素晴らしい

    dot.

    6/26

    百年の女 『婦人公論』が見た大正、昭和、平成

    百年の女 『婦人公論』が見た大正、昭和、平成

    週刊朝日

    8/22

  • STAP騒動渦中の心境を綴った『小保方晴子日記』 疑惑に答えず同情・誤解させる記述ばかり?

    STAP騒動渦中の心境を綴った『小保方晴子日記』 疑惑に答えず同情・誤解させる記述ばかり?

    AERA

    4/17

    津田大介「『紙』の人材やノウハウ取り込むウェブメディア」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「『紙』の人材やノウハウ取り込むウェブメディア」

    週刊朝日

    4/28

  • みどり夫人を赤面させた司馬遼太郎の

    みどり夫人を赤面させた司馬遼太郎の"真夏の公開プロポーズ"

    BOOKSTAND

    11/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す