早期に見つかる前立腺がんの監視療法とは 10年近く経過する人も

がん

2020/09/26 17:00

 男性のがん患者数の第4位を占める前立腺がん。早期にはほとんど症状がないが、血液検査のPSA(前立腺特異抗原)検診で、早期発見が可能だ。最初に選択されることが多い治療法は手術だが、合併症を引き起こすことも多く、ほかの治療法が選択されることもある。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、前立腺がんの監視療法やホルモン療法、抗がん剤治療などについて、専門医に取材した。

あわせて読みたい

  • 【前立腺がん】男性で最も多いがんで増加傾向 排尿関連の症状があり受診して見つかることも

    【前立腺がん】男性で最も多いがんで増加傾向 排尿関連の症状があり受診して見つかることも

    dot.

    1/23

    男性のがん患者数1位に? 進行した前立腺がんの治療法が進化中

    男性のがん患者数1位に? 進行した前立腺がんの治療法が進化中

    週刊朝日

    10/6

  • 進化する「前立腺がん」の放射線治療 合併症リスク軽減で効果増!

    進化する「前立腺がん」の放射線治療 合併症リスク軽減で効果増!

    週刊朝日

    4/18

    「前立腺がん」治療最前線 ロボット手術で合併症軽減する例も

    「前立腺がん」治療最前線 ロボット手術で合併症軽減する例も

    週刊朝日

    3/31

  • 前立腺がんの生存期間を延長! 骨転移治療薬「ラジウム223」の力

    前立腺がんの生存期間を延長! 骨転移治療薬「ラジウム223」の力

    週刊朝日

    11/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す