上位指名に急浮上も…今夏に「モノが違う」と思わせた高校生ドラフト候補は? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

上位指名に急浮上も…今夏に「モノが違う」と思わせた高校生ドラフト候補は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
ドラフト上位候補に浮上してきた福岡大大濠・山下舜平大 (c)朝日新聞社

ドラフト上位候補に浮上してきた福岡大大濠・山下舜平大 (c)朝日新聞社

 23日に埼玉と神奈川で決勝が行われ、幕を閉じた高校野球の独自大会。時間短縮のため7回制で行われる地域や、日程の都合で決勝戦の前に打ち切りになる地域はあったものの、全国49の地区すべてで大会が行われた。プロや大学、社会人で野球を続ける3年生にとっては貴重なアピールの場となったことは間違いないが、今回はそんな中でも見事なパフォーマンスを見せたドラフト候補の選手をピックアップして紹介したいと思う。

【写真】平成で最もカッコいいバッティングフォームはこの選手!

 まず圧倒的なインパクトを残したのはやはり高橋宏斗(中京大中京)になるだろう。昨年秋の明治神宮大会でも優勝投手になるなど元々注目度の高い選手ではあったが、冬のトレーニング期間、春の自粛期間を経て見事なスケールアップを果たした。

 この夏初登板となった愛知大会4回戦、対栄徳戦でのピッチングを現地で見たが、思わぬリードを許す展開での緊急登板にもかかわらず、立ち上がりから150キロを超えるストレートを連発。相手打線を完全に抑え込んでチームの逆転勝ちを呼び込んで見せた。準々決勝では154キロもマークするなど、とにかくアベレージのスピードが高く、そのボールをしっかりとコントロールできているというのが大きな長所だ。

 甲子園での独自大会では少し制球を乱す場面もあったが、9回に153キロをマークするなどスタミナも申し分ない。打者の手元で鋭く変化するスライダー、カットボールも一級品だ。総合力では昨年の奥川恭伸(星稜→ヤクルト1位)と変わらないレベルと言えるだろう。気になるのはその進路だ。かねてから大学進学を明言しており、現時点でもプロ志望届は提出していない。交流試合終了後には高校からプロ入りを目指す可能性も残していると話したが、高橋の動向が今年のドラフト会議に大きく影響してくることは間違いないだろう。

 昨年からの成長という意味では山下舜平大(福岡大大濠)がナンバーワンだ。2年春から主戦として登板していたが、当時は完全な未完の大器という印象で、高校からのプロ入りというタイプには見えなかった。しかしこの1年で見違えるほど体つきがたくましくなり、スピードも最速153キロをマークするまでになり、一躍ドラフト上位候補に浮上してきたのだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい