「2年目のジンクス」に苦しむ広島・小園、“同期のライバル”出現で不安要素も?

2020/08/20 16:00

 高校時代、野球の強豪・報徳学園(兵庫)では1年春からベンチ入り。2年時からU-18侍ジャパンにも選出され正遊撃手として国際試合の経験も豊富。勝つための野球を知り尽くしているため、自己犠牲の気持ちが強い。そういった部分が小園自身の成長を阻害している可能性もあるのではとみる。

 現時点では攻守両面において課題がある、と広島OBは続ける。

「打撃は身体ができてきて強いスイングができるようになった。もともと振れる選手だったが飛距離も出るようになった。しかし確実性をもっと高めないと厳しい。強いスイングを求めるため、身体まで振ってしまっている。ヘッドが身体から離れて出てくる傾向があり、確実にボールを捉えることができない」

 キャンプ時には飛距離アップが話題になった。しかしそのために求めた強いスイングが、逆に確実性を奪いつつある。

「守備では捕球から送球までの一連の流れはスムーズにできている。問題は判断力。打球に対し向かって行くのか、待つのか、迷ってしまうことがある。高校までは待って捕球して刺すことできても、プロはスピードが段違いだから難しくなる」

 しっかり打球判断をしてアウトカウントを増やす。確実性を求める姿勢が逆に迷いを生み出している。

 一昨年まではリーグ3連覇を果たし強豪復活を果たした広島。しかし昨年はCSシリーズ出場を逃し、今年も開幕から下位に低迷している。

 チーム状況も小園にとって逆風になっている、と説明するのは広島担当記者。

「今年から就任した佐々岡真司監督に求められるのは結果。今年はキャンプから3連覇時の主力の調子が良かったため、まずは保守的なメンバー選考になった。その中で小園には目先の結果ではなく、将来的な飛躍を求め2軍で基本から鍛え直す予定だった。ところが蓋を開ければチーム状況は最悪。1軍への起爆剤にしようにも、現時点で調整中の小園は無理という判断があった」

 8月7日には、同期入団の羽月隆太郎が1軍初昇格。初安打、初打点を記録するなど結果を残した。

NEXT

同期のライバルの存在は“モチベーション”に?

1 2 3

あわせて読みたい

  • 広島の「パンチパーマ新人」の評価が上々 薄れゆく3年目・小園の存在感

    広島の「パンチパーマ新人」の評価が上々 薄れゆく3年目・小園の存在感

    dot.

    4/2

    中日・根尾昂が2週間も経たずに2軍降格、「中日に育成できるのか」と心配の声

    中日・根尾昂が2週間も経たずに2軍降格、「中日に育成できるのか」と心配の声

    週刊朝日

    8/15

  • DeNA細川、中日阿知羅、巨人宇佐見…来年の新人王は俺だ!【来季期待の若手選手 セ・リーグ編】

    DeNA細川、中日阿知羅、巨人宇佐見…来年の新人王は俺だ!【来季期待の若手選手 セ・リーグ編】

    dot.

    11/20

    そろそろ結果も必要に…中日・根尾昂ら“ミレニアム世代”の現在地と今後の課題

    そろそろ結果も必要に…中日・根尾昂ら“ミレニアム世代”の現在地と今後の課題

    dot.

    9/4

  • 「ドラフト外れ1位」ヤクルト・村上が史上最速100号達成「本命」日本ハム・清宮は1軍出場なし の”格差”

    「ドラフト外れ1位」ヤクルト・村上が史上最速100号達成「本命」日本ハム・清宮は1軍出場なし の”格差”

    dot.

    9/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す