クロちゃんが初めて明かす安田大サーカスの「解散危機」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クロちゃんが初めて明かす安田大サーカスの「解散危機」

連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#クロちゃん
クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)

クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)

"恋愛モンスター"安田大サーカスのクロちゃんが真実の愛を語る連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」。今回のテーマは「安田大サーカス」。来年で結成20周年を迎えるという安田大サーカスだが、仕事がうまくいかなかった若手時代には、解散を考えた時期もあったという。そんな苦悩の日々を何とか乗り越えることができたあるエピソードを、クロちゃんがメディアに初めて明かした。

【写真】超貴重!安田大サーカス3人の若手時代はコチラ

*  *  *
 団長とHIRO君とボクが、安田大サーカスを結成して、今年で19年目。

 来年には、節目の20周年を迎える。

 昔に比べて3人でテレビに出ることは随分減ったけど、テレビ以外の仕事では月に何度か3人でちゃんと会ってる。もちろん、ここ数か月はコロナのせいで全然会えてないけど、来年は節目の年でもあるし、何かやりたいねって、連絡とったりはしてるんだ。

 最近の団長は、芸人というか、もうすっかりアスリート。仕事で会っても、自転車の話しかしないから、楽屋とかではあまり話さないようにしてる(笑)。

 HIRO君は2017年に脳出血で倒れてから、今は東京を離れて暮らしている。身体のことを考えて頑張ってダイエットもして、体重がピーク時から100キロも落ちたんだ。すごいよね。昔のHIRO君は何をやってもすぐに途中で投げ出しちゃう人だったのに、体重が落ちた姿を見て、HIRO君はちゃんとできる子なんだって、感心したよ。

 振り返ると、ここまであっという間だったなー。

 ちなみに、ボクが安田大サーカスに入ることになったきっかけだけど…

 ボクは、そもそも芸人になんてなるつもりはまったくなかった。

 子どもの頃からアイドルになるのが夢だったからね。

 松竹芸能に入ったのも芸人になるためじゃない。当時、松竹芸能では、「アイドル部」っていうのを立ち上げていたから、それのオーディションを受けたのがきっかけなんだ。

 ボクはオーディションで、松田聖子さんの「渚のバルコニー」を歌ったり、少林寺拳法を披露したりして、みごと合格。これで念願のアイドルになれるって思ったけど、いざレッスンに行ってみると、周りは一発ギャグや漫才、漫談なんかを披露してる人ばっかり…。

 ボクは、すぐに「騙された」って気づいたよ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい