「アイシング」は体の回復に逆効果という研究も スポーツ医学の最新事情

スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

ヘルス

2020/07/27 07:00

 私たちは、ひざをぶつけたり、足首を捻挫したりしたとき、よく氷などを当ててけがしたところを冷やします。そうすれば腫れや痛みを抑えられると考えている人が、多いことでしょう。また、野球の投手が登板後、疲労した肩やひじにアイスパックの入ったベルトを巻いて、冷やしながらケアをしている姿も目にします。スポーツの現場では、けがの応急処置やスポーツ障害の予防のため、患部を冷やす「アイシング」がおこなわれています。

あわせて読みたい

  • バイオフィルムは難攻不落? 薬で歯周病を治せないわけとは?
    筆者の顔写真

    若林健史

    バイオフィルムは難攻不落? 薬で歯周病を治せないわけとは?

    dot.

    2/17

    「肉離れ」に完全な予防法はない!? 整形外科医が実践する応急処置「RICE」とは

    「肉離れ」に完全な予防法はない!? 整形外科医が実践する応急処置「RICE」とは

    週刊朝日

    10/12

  • ある日、突然、顔面に強烈な痛み 「三叉神経痛」は加齢によって誰でも発症

    ある日、突然、顔面に強烈な痛み 「三叉神経痛」は加齢によって誰でも発症

    dot.

    7/3

    スポーツ選手ならではの障害は? 繰り返し動作で起きる炎症や骨折を医師が解説
    筆者の顔写真

    松本秀男

    スポーツ選手ならではの障害は? 繰り返し動作で起きる炎症や骨折を医師が解説

    dot.

    8/10

  • 歯科医院の予約はなぜ「次の日」が無理なの? 連続して治療してくれない意外な理由
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯科医院の予約はなぜ「次の日」が無理なの? 連続して治療してくれない意外な理由

    週刊朝日

    4/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す