木下優樹菜、佐々木希、後藤真希…「元ヤン系」にみる男への“仁義”と“姐さん”愛 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

木下優樹菜、佐々木希、後藤真希…「元ヤン系」にみる男への“仁義”と“姐さん”愛

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝泉薫dot.#宝泉薫
左から木下優樹菜、佐々木希、後藤真希(C)朝日新聞社

左から木下優樹菜、佐々木希、後藤真希(C)朝日新聞社

 ユッキーナこと木下優樹菜の芸能界引退で、またクローズアップされた元ヤンキー系女性タレントという存在。先月、夫・渡部建の不倫で注目された佐々木希もそうだし、ゴマキこと後藤真希もこのカテゴリーだ。もっと上の世代には、工藤静香や高島礼子もいる。

【写真】昭和・平成と大活躍の”元ヤン系”と言えば

 こうした人たちに共通するのは、結婚相手との「絆」の強さだろう。そもそも、絆というもの自体、ヤンキー好みの美学といえるが、その強さは意外なかたちで発揮されたりする。

 たとえば、木下の場合、タピオカ恫喝騒動に加えて、複数男性との不倫もささやかれ、ついに引退。しかし、昨年末に離婚した前夫はこんなコメントを発表した。

「私、藤本敏史は、今後も子供たちを含めて支えてまいります。(略)彼女は、本日を以て、芸能人ではなく一般の方になります。 子供や家族、近隣の方々の日常生活の為にも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」

 実際、今も木下と同じマンションの別の部屋に住み、育児など協力しているという。

 また、佐々木については、ギャルタレントのゆきぽよがテレビで「離婚しない」説を主張。

「やっぱり、佐々木希さんって元ギャルじゃないですか。でも、ギャルってマインドは一生変わんない。ギャルってそんな簡単に人を嫌いになれない、そんな簡単に人を突き放させないから、ゆきは1回は許して、もう1回チャンスあげるんじゃないかなって思うんです」(「サンデージャポン」TBS系)

 佐々木の場合、ギャルの前はヤンキーだったといわれるが、ギャルとヤンキーの属性は近い。昔はヤンキーになっていた人が今はギャルになるようなケースも多いと思われる。それゆえ、この発言は「元ヤンだから簡単には離婚しない」という文脈に置き換えることも可能なのだ。

 それを裏付けるように「文春オンライン」には、佐々木が周囲に「私が彼を立ち直らせる」と語っていることが報じられた。

 そんな元ヤンの「絆」エピソードのなかでも強烈なのが、高島が前夫・高知東生に示した愛情だ。高知は2016年に覚せい剤と大麻を所持していた容疑で逮捕され、同時にクラブホステスとの不倫も発覚した。ラブホテルで一緒に捕まったからだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい