「入れ歯が臭い」を放置してはいけない! 歯科医が指摘する危険な兆候 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「入れ歯が臭い」を放置してはいけない! 歯科医が指摘する危険な兆候

連載「歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない “歯医者のギモン”」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ヘルス#病気
若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

※写真はイメージです(写真/フォトライブラリー)

※写真はイメージです(写真/フォトライブラリー)

 入れ歯の正しい清掃法は「“入れ歯が臭い…どうにかならない?” 汚れたままでは誤嚥性肺炎の引き金にも」で紹介したように、まずは入れ歯用の歯みがき粉で汚れを取り、その後、入れ歯洗浄剤につけます。入れ歯洗浄剤を使うことでレジンの穴に付着した汚れや細菌を取り除くことができ、においもなくなります。

 毎日、きちんと清掃している人の入れ歯は長持ちしますし、「本当に使っているのか」と思うほど美しく、清潔です。一方、水で洗っているだけ、など管理がいまいちな人の入れ歯は専用の染め出し液につけると汚れで紫色に染まり、プラークだらけです。

 入れ歯の管理が難しい人、苦手な人は歯科医院でこまめにメインテナンスを受けるのも一つの手です。

 歯科には歯科医院専用の入れ歯の薬剤があり、そこにひたすとプラークや歯石をきれいに取り除くことができます。取り除くことができない歯石は専用の器具で削り取って、お返しします。

 また、入れ歯が劣化しているために傷がつき、汚れやプラークが付着しやすくなっている場合は入れ歯の修理をします。また、汚れが付着しにくいよう、レジンの穴をコーティングして埋める方法などもあります。

 このように入れ歯も自分の歯の一部として、大事に扱ってあげることが口の中の健康を守ることにつながるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

若林健史

若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演。AERAdot.の連載をまとめた著書『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか?聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好評発売中。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい