都知事選応援演説の加藤紗里 政界進出について語る (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

都知事選応援演説の加藤紗里 政界進出について語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
インタビュー中、何度も「娘のために」と繰り返した加藤紗里(撮影/岡田晃奈)

インタビュー中、何度も「娘のために」と繰り返した加藤紗里(撮影/岡田晃奈)

 小池百合子・東京都知事の圧勝か、山本太郎が大旋風を起こすのか。7月5日投開票の東京都知事選に注目が集まるなか、立候補者の応援演説に参加して注目を浴びたのがタレントの加藤紗里(30)だ。

【写真】自宅出産の様子

 加藤は、6月18日、東京・渋谷駅前で行われた都知事選立候補者の応援演説に突如として現れ、赤い肩出しドレス姿でマイクを握ると、こう切り出した。

「離婚後300日問題って知っていますか? 離婚後、300日以内に産まれた子どもは、元旦那の籍に自動的に入ってしまう。明治時代に作られた法律がいまだに使われているんです」

 加藤は1月10日、昨年9月に結婚した不動産会社経営の男性と離婚し、4月28日に自宅出産を経て第一子となる女児を出産していた。父親については公表していないが、現在、シングルマザーとして娘を育てているという。

 いまでは、ネット上の誹謗中傷を意に介さない“炎上クイーン”として確固たる地位を確立した感のある加藤。「狩野英孝との6股騒動」に始まり、直近では多目的トイレで不倫に及んだ「渡部健への擁護発言」でも炎上騒動を巻きおこした。あまりにも高すぎる”炎上率”に、その行動のすべてが「炎上目的」だと断定されることも珍しくない。そんな彼女が聴衆を前に「離婚後300日問題」について語ったのだ。はたしてその真意とは? 本人に聞いた。

*  *  *
――応援演説に至るまでの経緯を教えてください。

 立候補者は元彼の後輩で、彼から応援演説をした前日に連絡がありました。基本的に私は炎上を恐れませんが、これまで政治と宗教に関することだけは発言しないように決めていました。ですから、初めは正直、迷いました。

――それでも演説をしようと決めた理由は?

 炎上を恐れずに本音を話すスタイルを変えるつもりはありませんが、出産を機にひとつだけ変わったことがあります。それは最も大切な存在が自分から娘に変わったことです。娘のことで「おかしい」と感じたことは、それが政治に関することだろうが法律に関することだろうが、なんであろうと私は発言をしていくつもりです。そう考えたので、応援演説をすることに決めました。候補者も承諾してくれました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい