医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

がん

2020/06/19 17:00

 がんの治療薬が次々に開発され、薬物療法は日進月歩の進化を遂げている。一方、高齢者には、これまで科学的根拠に基づく治療指針がなく、現場の医師は経験則で対応していた。昨年、その指針が作成され、徐々に対策が始まっている。

あわせて読みたい

  • がん薬物療法「いい病院」の指標は? 医師が教える“確認すべきこと”

    がん薬物療法「いい病院」の指標は? 医師が教える“確認すべきこと”

    週刊朝日

    3/2

    がん細胞分子狙い撃ちで副作用も軽減 新しい抗がん剤「分子標的薬」

    がん細胞分子狙い撃ちで副作用も軽減 新しい抗がん剤「分子標的薬」

    週刊朝日

    3/31

  • 抗がん剤は「悪」? 本当にやっていいの? がん専門医の答えは

    抗がん剤は「悪」? 本当にやっていいの? がん専門医の答えは

    dot.

    5/8

    中村獅童、野際陽子を襲った肺がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40

    中村獅童、野際陽子を襲った肺がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40

    dot.

    5/20

  • 【乳がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【乳がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    2/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す